アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る


お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20180606]

Tenshou
(1998/07/14)

Jack or Jive商品詳細を見る


2011年のアルバムで現在までの最新作になります。枚数限定盤での発売で、それまでもLife、Issin 、Kakugoと限定でのリリースを続けています。それだけインディーズでの活動も厳しくなって来ているのです。限定盤なので入手も難しくなっています。ダウンロード販売にすればいいのに、そこまでの知恵も働かないのか。

1. The Girls Of Shiraume
2. Be Selfless
3. Hayabusa
4. Cherry Blossoms
5. Kokorobito 2
6. The Last Day
7. Blue Landscape
8. Tenshou
9. Seiryu

日本語も交えて歌っています。何語かわからない発音の言葉に混じって聞こえる日本語も日本語に聞こえないと言う凄い事になっています。サウンド面はシンフォニックロック、アンビエント、エスニックが入り混じったサイケな雰囲気のスタイルをエレクトロニカな洗練された進化を遂げています。

ある意味エレクトロニカの手法が巧みじゃないから、この不思議な感じが出来上がっているというのが正解かもしれません。ヘタウマなロックは味があって逆にカッコいいみたいな感じでしょうか。ここまで来たら自主制作でもダウンロード販売でもいいので生き延びて欲しいと思ってしまいます。

The Girls Of Shiraume
Hayabusa

Cherry Blossoms

Tenshou
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

http://samrqand.blog43.fc2.com/tb.php/9322-94cc027c
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ