アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る


お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20170416]

Concourse EEP
(1998/07/14)
Leafcutter John

商品詳細を見る


2000年のアルバムです。Planet Muレーベルと契約してやっと本格的なデビューとなっています。サンプラーを多用していますが、シンセサイズされているのでエレクトロなサウンドになっています。フレーズサンプリングではなくてワンショットサンプリングな音源ばかりなところもエレクトロな雰囲気になっていると思います。

1. Catho
2. Woktech
3. Fan Heater
4. Cromer
5. Woods And Rivers
6. The Brown Man
7. Aonscht
8. Beat

シンセ音源ではなく、サンプリング音源をエディットしまくって電子音のようにレゾナンスなどをいじくりまくっています。ブレイクビーツのような使い方ではなく、あくまでもエレクトロサウンドなのであります。しかしシンセだけで作られたエレクトロのように滑らか流れにならず、非楽器な音源の連続ですからアブストラクトな仕上がりになっています。

サンプラーとシンセを両方使う場合は、サンプラー音源はあまりいじらない事が多いですが、シンセ音源を使っていないので、サンプラー音源をシンセのように加工しています。サンプラー1台だけで完結出来るような音楽です。最近では珍しい事です。それだけシンセも進化していてシンセを利用しない手は無いと言うパターンが多いのですが、あくまでもサンプラーのみで完結される音楽にこだわっているようです。

Woktech
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

http://samrqand.blog43.fc2.com/tb.php/8795-87d23a29
HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ