アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る


お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20171105]

Favourite
(1998/07/14)
Pinkie Maclure

商品詳細を見る


95年のアルバムです。この後は様々なコラボレートを経てPumajawの結成につながってきますので、純粋なソロアルバムとしてはこれが最後になります。民族音楽にも近いヨーロッパの大衆音楽を引用してエキゾチックな世界観を作り出しています。ニューウェイヴの影は残っておらず、それでも90年代を生き抜く上での感性を磨いています。

1. Hedonistic
2. The Rain Is Out
3. Heartsease
4. Garden Of Delights
5. You Become Moonlight
6. Risque
7. Rose Flavour Tale

自分の歌、歌唱力をよく理解しているからこそ、このスタイルに行き着いていると思います。年輪というのもあるかもしれませんが、これだけ色気と逞しさを兼ね備えたシンガーというのはそれほどいるわけではありません。かなり稀有な存在だと思います。場末のキャバレーで歌っているような歌姫がロック感覚で歌うなんてかっこ良過ぎます。

今じゃ酒やタバコで枯れた声で歌うシンガーはほとんど見かけません。それほど健全でアカデミックなシンガーが多くなっていると思います。それって本当に健全なのでしょうか。綺麗な声で楽譜通りに歌う。それは当たり前の事かもしれませんが、気持ち悪くってしょうがありません。カラオケの採点で満点を取るようなシンガーはつまらなくってしょうがありません。人間が歌う限り、感情、肉体によるエネルギーが譜面を超えた領域に持っていく、それこそが感動的な歌となると思います。そういう歌が歌える数少なくなってきているシンガーだと思います。

Hedonistic
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20171105]

Unman
(1998/07/14)
Pinkie Maclure

商品詳細を見る


Pumajawの女性シンガーPinkie Maclureの86年のソロファーストアルバムです。思いっきり80年代のパンク、ニューウェイヴしています。すでに抜群のエモーショナルな歌唱力を持っていますが、それでパンキッシュに歌っていますので迫力があります。シンセなどもレトロな音源を使っていて、80年代サウンドを忠実に再現しています。

1. Blue Chevrolet
2. Subliminal Seduction
3. Voice Of The Silent Majority
4. The Habit
5. Different World
6. Poem
7. Red Tape

ヒステリックに歌う感じはニナハーゲンやトーヤなどの影響を感じます。ダブやフランジャーのかかったギターなど、ニューウェイヴそのものでありますが、真似事と言うより、オリジナリティもありますので説得力を持っています。サンプラーも使っていますが、これも80年代ならではの使い方をしています。当時としてもかなりとんがった感じになっています。


バンド演奏になっていますが、メンバーもニューウェイヴのセオリーに徹していて、まるで90年代に何も起こっていないかのごとき演奏になっています。しかも演奏が達者だし、歌唱力も抜群なので、80年代の作品の中でも完成度が高いです。ゴスとも違いますので、現在の耳で聴くとかなり新鮮に感じると思います。かなりかっこいいです。

Blue Chevrolet
⇒ 続きを読む

[20170722]

Pan Hopsiup
(1998/07/14)
Pchełki

商品詳細を見る


ポーランドのバンドPchełkiの2014年の今のところ唯一のアルバムです。メンバーは女性ボーカル、フルートのMarta Rogalska、キーボード、プログラミングのPaweł Rychert、ベースのKrzysztof Rogalski 、パーカッションのDamian Kowalskiです。スタイルとしてはドラムンベース、ヒップホップ、ダブ、など時代のスタイルも吸収したハードフュージョンサウンドになっています。

1. Miksują Dziewki
2. Wianki
3. Uciekaj
4. Fado
5. Krystynka
6. Osty
7. Pekin
8. Wołaj

このバンド凄いところは生演奏出来る技術を持っているということころです。プログラミングされている部分もありますが、それに負けないくらいの演奏力も持っているのです。最近は演奏力があるバンドはヘヴィメタやオルタナ系が多く、フュージョンを演奏する若者が少なくなっています。しかもメロウなフュージョンではなく、エッジの勃ったハードフュージョンです。そのバリエーションでメロウな曲もありますが、かなりかっこいいフュージョンになっています。

アメリカではジャズ系は死に絶えていますが、北欧で、しかも白人の若いバンドがこうしたスタイルを選択するというのは奇跡と言えるでしょう。勿論昔のフュージョンとは訳が違います。ヒップホップもオルタナやグランジも経過してきたあらゆるスタイルを飲み込んだ上でのフュージョンの再構築に成っていますから、かなりかっこいいです。そして歌もちゃんとポップフォーマットで含まれている。私の好みから言えば完璧なバンドだと言えます。こんなバンドが世界中から山ほど出てきて欲しいと願うばかりです。次の作品も楽しみです。

Miksują Dziewki
⇒ 続きを読む

[20170520]

Muse
(1998/07/14)
Piana

商品詳細を見る


2014年のアルバムで、現在までの最新作になります。前作からは7年ぶりの作品となります。それだけ時間が経っている分、内容の熟成度も濃密になっています。アンビエント性も深く、ドラムも必要なところで出てきますし、英語で歌ったり、ウィスパーボイスにも色気が増すようになっています。色気が増せばそれだけ表現の幅も広がってきます。

1. I Think...
2. Imaginary Window
3. In Silence
4. Nostalgia
5. Ruins
6. 7 years
7. Phosphorescence
8. Borderless
9. Tohanab

フォークトロニカの手法も当たり前になってきていますが、そういう手法を使いながらも、それに固執する事なく音楽の完成度を高めるための手段として何でも使うようになっています。だから古いやり方も何のためらいもなく使っています。それでも音楽の完成度を高める為に必要な使い方をしているので違和感もなく、説得力を持ったサウンドになっています。

ロック的なサウンドでも違和感無く存在していますし、逆に彼女がロック的なアレンジを使う事が新鮮に感じられます。ウィスパーボイスに色気が出ていますので、ロック的なアレンジにも負けていませんし、エレクトロニカにこだわらない表現が味方してくれています。シンガーとしても実力がついてきた事の証明でしょう。これからも期待が持ているような作品になっています。しかし、インディーズでインターバルが長くなるのは良くないと思います。もっと存在感を誇示するような活動をしていくべき優れたミュージシャンだと思います。

I Think...
⇒ 続きを読む

[20170519]

Eternal Castle
(1998/07/14)
Piana

商品詳細を見る


2007年のアルバムです。バイオリンやチェロ、ギター以外にもドラムなどの生演奏もあり、プログラミングよりも生演奏の比重が多くなっています。それだけ歌が中心になりつつあります。それでいてエレクトロ感覚もしっかり構成されていて、女性版コーネリアスのようになっています。

1. With The Sea
2. Norway
3. Two Of Us
4. Snowflakes
5. Ancient Note
6. Hydrangea
7. Beyond The Season
8. Prayer

ドラムはそれほどフューチャーされていませんが、以前よりビートを強調した感じになっています。そうする事でよりドラマティックな展開を作り出しています。曲も長めになっていますので、起承転結のある表現によりエレクトロニカを超えた表現をするようになっています。ストリングスもシンセやサンプラーではなく、生ものですから響きが違います。

これまではエレクトロニカを意識した曲調だったのが、エレクトロニカ、フォークトロニカという手段を使いながら自分の表現したい物を作れるようになっています。それだけで印象がガラッと変わりますから、音楽って生き物なんだなって思います。作り手の気持ち次第で印象に変化が生まれます。楽譜に縛られない音楽。ポップス、ロックにはそうした魅力があるのです。

Two Of Us
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ