アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る


お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20171002]

Branches
(1998/07/14)
Orla Wren

商品詳細を見る


2016年のアルバムで現在までの最新作になります。フランスのバンドAstrïdのCyril Secqとのコラボレート作品になっています。Cyril Secqは主にクラシックギターを演奏しています。バックトラックをOrla Wrenのデジタルアンビエントなサウンドが鳴っています。これまでもゲストミュージシャンに楽器を演奏させていましたが、一人の人に全面に出て任せているので統一感というか、組曲的な印象を受けます。

1. Première Branche
2. Deuxième Branche
3. Troisième Brabche
4. Quatrième Branche
5. Cinquième Branche
6. Sixième Branche
7. Septième Branche
8. Huitième Branche

ギターやピアノを任せていますので、曲作りも二人で作りあげています。Orla Wrenによるアンビエントなトラックが下敷きで、そこからイメージを膨らませて作られていると思いますが、Orla Wren特有の即興性を感じさせない緻密な作りになっています。ですからアンビエント特有の抽象的な印象を受けないのが特徴といえるでしょう。森の中にいるのに迷っていない、全体を把握しているみたいな音楽です。

恐らくその森の近くに住んでいる人。その人の観点から見ている森。だから聴いていても不安にはならない。日常に存在する風景。だけど聴き手には初めての場所なので道先案内を任せているような、そんな印象をOrla Wrenの作品からは受けます。他の人が作り出すアンビエントな作品には無い新鮮な感覚です。本人はアンビエントな作品を作っているつもりは無いのかもしれません。

Première Branche
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20171001]

Moccasin Flowers
(1998/07/14)
Orla Wren

商品詳細を見る


2015年のアルバムです。今回はゲストミュージシャンも参加していますが、Orla Wren自身も電子音などの楽器を演奏しています。アンビエントな内容ですが、音楽的な表現になっています。現代音楽的とも言えます。サウンドスケープな音源は少なめになっています。使われていても加工されていたりしています。

1. The Inside, The Outside, The Other
2. Move, Learn, Drink Water
3. A Woven Rope Of Woven Hope
4. Paths Unblocked, Broken Clocks
5. She Placed A Bookmark In Her Lonely
6. Torn Bleeding
7. A Mountain Song For My Wordless Son
8. The Empathy Engine
9. Mothering Father, Fathering Mother, Each To Each Other
10. Of Nature And Nurture
11. Weathered Wood, Pitted Stone
12. The Nomad Heart
13. She Placed Her Eggs In The Soil
14. Moccasin Flowers

楽器じゃないもので大自然を表現する方が簡単かもしれません。楽器で表現する方が難しいですし、それだけやりがいがあると認識したのかもしれません。大自然の音を楽器のように操るという発想も斬新ですし、それは成功したと思います。そうなると後は楽器でどこまでそれに近づけるかという課題が残ったのでしょう。近づけるかというのは幻想であり、別のものになるのが当たり前で、別のものになるからこそやる価値があるのです。

これまでは少なめだった電子音も多用する事により、人工的に表現するのも新しい結果を導き出す事が出来ますし、より詩的な表現が出来ます。そこに映像では表現出来ない音楽ならではの深みが現れてきます。その感覚を覚えてしまったら、音楽を作るのが楽しくてしょうがないと思えてくるでしょう。そんな楽しみながら作っている感じが伝わってきます。

A Woven Rope Of Woven Hope

Orla Wren - A Woven Rope Of Woven Hope from FILM SESSIONS on Vimeo.

⇒ 続きを読む

[20171001]

Soil Steps
(1998/07/14)
Orla Wren

商品詳細を見る


2014年の作品です。完全なアンビエント作品になっていて、43分の曲1曲のみになっています。森を表現するあまり、森そのものの音を録音してきたもの、街の雑踏を録音したものを利用しながらも、これまでは楽器を重ねて音楽的に仕上げてきましたが、その楽器の部分を極力省いてそのものの音で作品として仕上げようと試まれています。

1. Soil Steps

フィールドレコーディングはスペインで収集されており、昆虫や動物などの音を中心に集められた音を編集してわずかな楽器の音を加えることで音楽として成り立たせています。まるでその場所にいるような気分にさせてくれるように配慮されたバーチャル感、それはこれまでもやってきましたが、楽器の使用が少ない、というより今回はゲストがいませんので、彼が一人でラップトップに詰め込んだ音で構成されています。

風景画のような音楽を作りたいのかもしれませんが、音楽にすることにより、それは立体的であり、時間軸も持った風景になっています。風景の動画という概念とも違うと思います。最終的に音楽として完成されるように心配りがされています。そこが彼の凄いところです。音楽は素人ですから、みたいな言い訳をしていないところが素晴らしいのです。音楽専門でやっている人間も見習わなければならないと思います。

Soil Steps

Soil Steps - promo film - Oak Editions from Oak Editions on Vimeo.


[20170930]

Book Of The Folded Forest
(1998/07/14)
Orla Wren

商品詳細を見る


2013年の作品です。映像作品を収録したDVDもついて、見開きの8面パネルのパッケージ、6枚のカードも付いた豪華仕様になっています。今回もボーカルを含めたゲストが参加しています。歌の存在感というものも意識してきたのか、しっかりとした構成の歌になっていますので、どこかプログレっぽい雰囲気になっています。これまで彼がイメージしてきたものは森林などの自然の空間でしたが、今回もタイトルからして森を描いています。

CD
1. The Words Under The Wood
2. I Must Live In My Lantern
3. The Wintering Box
4. Willow Bows And Cats' Cradles
5. Four Feathers Few
6. Shipwreck Seems Sweet To Me In This Sea
7. The Painting Tree
8. Swallow Tails And The Story Born
9. A Lone Flake Of Sail
10. Things You Cannot Keep
11. Rising Swing Ringing
12. In A Past Life I Was A Woodcarver's Knife
13. Ashes From A Long Fire
DVD
1. The Words Under The Wood
2. Four Feathers Few
3. Willow Bows And Cats' Cradles
4. Shipwreck Seems Sweet To Me In This Sea
5. Rising Swing Ringing
6. In A Past Life I Was A Woodcarver's Knife
7. Ashes From A Long Fire

森を表現するなら、森の木々から作られたバイオリンなどのアコースティック楽器が適していますが、それにエレクトロニクスなデジタルサウンドも絡めていくというのがフォークトロニカの手法であり、彼のやりたい音楽を作る上では、その手法が多いに役立っています。一般的な楽器だけで表現すれば、それはデフォルメいているに過ぎませんが、サンプラーなどのデジタルサウンドと合わせるだけで擬似的ではありますが、リアルなバーチャル感が生まれます。

実際の森の中に入ると、そこには森ならではの音楽が流れています。クラシック音楽の中には森の中で作曲されたものも多くあります。鍵盤の前で楽譜とにらめっこしながら曲を作るのとは違うスケールになってきます。それは得てして変拍子になる事が多いです。大自然を表現するのに4拍子だと嘘になってしまうのです。4拍子って一般的ですが、かなり人工的な拍子なのです。それを数学的に作っていくラップトップで表現するのですから、事前に頭の中で構築されていないと難しいと思います。生演奏も助けにはなっていますが、素晴らしい構成力だと思います。

The Words Under The Wood
⇒ 続きを読む

[20170930]

The One Two Bird And The Half Horse
(1998/07/14)
Orla Wren

商品詳細を見る


2009年の作品です。今回はゲストが複数参加しており、ポストMeredith Monkとして現在世界中から注目を浴びている東欧の若手ボイス・パフォーマーRussudan Meipariani、フリー / 即興シーンで活躍するジャズ・シンガーJessica Constable、日本のSMILE DOWN UPON USのmoomloooなどのボーカリストも起用して歌も入っています。歌が入ることにより、北欧的なイメージで曲を作っているのが分かります。

1. First Wooden Words
2. Seven Papers Torn
3. Tugboats And Railroads
4. Two Note Winter
5. Book Of Frost
6. Words Of Finn
7. The Fish And The Doll
8. A Wren Coloured Fable
9. 33 Fainting Spells
10. Some Tales Wait Shy
11. The Unbowed Hand
12. The First Born Daughter Of Water

アコースティック楽器もゲストに演奏してもらう事により、前作には無かった表情なども手に入れています。全体を統括しているのはOrla Wrenによって作られたサウンドスケープなトラックであり、演奏も歌もその中の一部であるように表現しているので統一感があります。即興的なアンビエントではありません、あくまでも綿密に練り上げられた構成を持っていますから、抽象的なようでいて抽象的な印象がありません。

一つ一つの音に意味があって、絵画の中の一部を表現しているかのようで、そのアンサンブルにより奥深い映像が見えてきます。但し、その映像は日本で見る事がないような風景だったりするので、多少幻想的に感じられます。枯葉を踏みながら森を歩く音、空には鳥がいて小川では石がぶつかり合う音があり、風が耳にあたる時に発するノイズ。湿度は残響音で感じる事が出来ます。まるで北欧の深い森にいるかのようなバーチャルリアリティを体感出来ます。それも音楽的に。

Seven Papers Torn
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ