アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る


お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20180415]

Ferrofluid"
(1998/07/14)

Magnet商品詳細を見る


2011年のアルバムで現在までの最新作になっています。もはやカントリーの影さえ感じさせないくらいポップロックになっています。アメリカっぽさも無くなって、イギリスのネオアコ、ブリットッポップのような90年代サウンドになっています。ブラックミュージックも含めてポップになろうとしたら、行き着く先はここになってしまうでしょう。

1. Doldrum Days
2. Sister Sorrow
3. Bad Blood
4. Stay
5. Homecoming Queen
6. Fireflies
7. Pussyfoot
8. Nemesis
9. Together
10. Reprizer

今作がいいのは売れ線を狙わずにポップに洗練されているところです。本当にいい曲を作ろうとしたら時代性とか関係無くなってきます。ヒットチャートに入るイメージも必要ありません。素直にいい曲を作っていけば自ずと曲の方が方向性の道筋に導いてくれます。だから必要な音しか入っていません。余計なデジタルサウンドも無く、素直にポップになっているところが好感が持てます。

シンプルにまとまっていて大げさな誇張もありません。以前の作品に比べると物足りないと感じる人がいるかもしれませんが、ポップであろうとするならこれで正解だと思います。それだけ曲が良いので余計な事をする必要がないのです。こういう音楽が長く愛されていくと思いますが、使い捨てのヒットチャートにはなかなか入り込めないところでもあります。もはやヒットチャートには何も期待出来ないというのが現状です。もうそれが当たり前になってしまっています。

Doldrum Days
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20180415]

The Simple Life"
(1998/07/14)

Magnet商品詳細を見る


2007年のアルバムです。どんどんポップになってきてヒットチャート向きのサウンドになっています。メジャーレーベルというだけでこれだけ変わってしまうものなのか。カントリーをベースにしたブラックミュージックを抱擁したポップス。Taylor Swiftに近いものになっています。クリエイティヴではあるので安っぽい感じはしませんが、ちょっと売れ線狙いが気になります。

1. The Gospel Song
2. You Got Me
3. Lonely No More
4. Count
5. She's Gone
6. A Little Happier
7. Navigator
8. The Simple Life
9. Slice of Heaven
10. Volatile
11. Lucid
* BONUS TRACKS:
12. Pennydrop
13. 1997
14. Selfhelper

もう泣き節はどこへやら、爽やかなポップシンガーになっています。ネオアコのような雰囲気もあるので、これはこれで好きな部類ではあります。プロですから売れる事は必須事項ですが、それほど売れている訳ではありません。カントリー、ヒップホップ、ソウルミュージック、フォーク、様々なスタイルをミックスアップしてポップソングを作り上げるという点ではいい仕事をしています。

完全にアメリカナイズされてしまっているのはデビュー当時からですが、ここまでアメリカンミュージックに没頭して自分のスタイルにしているというのは立派なものです。ノルウェー出身という肩書きは全く必要ありません。逆に伏せていた方がいいくらいです。ポップ作品としては申し分のないほどの完成度です。

The Gospel Song
⇒ 続きを読む

[20180414]

The Tourniquet"
(1998/07/14)

商品詳細を見る


2005年のアルバムです。前作のようにカントリーフォークの雰囲気をあやふやにするようなアレンジではなく、カントリーフォークな部分をしっかりと伝えるアレンジに戻っています。だけどプログラミングなどデジタルサウンドも全面に出てきています。ここはもうフォークトロニカの概念がしっかり入っています。

1. Hold On
2. Duracellia
3. The Pacemaker
4. Believe
5. All You Ask
6. Deadlock
7. Fall At Your Feet
8. Blow By Blow
9. Miss Her So
10. Jaws

前作はオーケストレーションなど、意外なアレンジになっていましたが、今回はカントリー系のアレンジではありますが、エレクトロニカなサウンドで代用するなど、これも意外といえば意外ですが、ポップスというフォーマットで考えると王道でもあります。泣節も少なめでポップソングとして楽しめます。どんどんアクが無くなっていますが、個性派持っています。

メロディーもポップであり、地味ながらヒット性をしっかり持っています。メジャーレーベルでのリリースでもあり売れてやろうとする強い意志を感じます。それでも自分のスタイルを保ちながらのポップ感覚なので、これがやがて彼の持ち味となっていく事でしょう。これまではアメリカかぶれみたいなところがありましたので、この路線を極めていく事で道が見えてくると思います。

Hold On
⇒ 続きを読む

[20180414]

On Your Side"
(1998/07/14)

商品詳細を見る


2003年のアルバムです。メジャーレーベルからのリリースもあり、心機一転、スタイルも変わり、前作の曲も数曲入っています。ボブディランのカバーLay Lady LayではアイルランドのシンガーGemma Hayesがゲスト参加しています。さすがにもうオルタナの時代ではないと悟ったのか、バンドサウンドにはこだわらず、デジタルサウンドも頻繁に登場してきます。

1. Everything's Perfect
2. Last Day Of Summer
3. Where Happiness Lives
4. On Your Side
5. The Day We Left Town
6. Nothing Hurts Now
7. Lay Lady Lay
8. Overjoyed
9. I'll Come Along
10. My Darling Curse
11. Smile To The World

泣き節の曲調は変わっていませんが、アレンジが変わった事により、力の抜けた柔らかな歌い方になっています。カントリーフォーク調で作曲はしているとは思いますが、デジタルサウンドやオーケストレーションを入れたりと手を入れる事でカントリーっぽさは感じないほどまでにアレンジされています。カントリーをルーツにしたポップスの名曲は数多くあり、洗練させればカントリーはA.O.R.にもなるのです。

A.O.R.というわけではありませんが、デジタル時代にふさわしい洗練の仕方を行なっています。完全に世界、メジャーを意識したサウンドメイキングになっています。だけど素朴な感じがするのはルーツがカントリーフォークだからです。つまり程よい感じの音楽になっているのです。あまり感情的にならずに適度に物悲しい。くどく無い雰囲気が大人です。

Everything's Perfect
⇒ 続きを読む

[20180413]

Quiet & Still"
(1998/07/14)

商品詳細を見る


ノルウェーのシンガーソングライターEven Johansenの一人プロジェクトMagnet の2000年のファーストアルバムです。この時点でのサウンドはカントリーフォーク系のオルタナになっています。ボーノ系の泣き節な歌い方、それに沿った曲調になっています。時代的にオルタナの残党という感じです。

1. The Recluse
2. Where Happiness Lives
3. Bullet To Your Heart
4. Easily Undone
5. Nothing Hurts Now
6. There's An End To This
7. Private Jinx
8. Quiet & Still
9. Dancing In The Moonlight
10. Beautiful Day
11. Home Song

2001年にはアメリカでもリリースされて世界も視野に入れて活動するようになっていきます。カントリーフォーク系ですから、何も情報が無ければアメリカのシンガーだと思う事でしょう。しかしシンリジーのカバーDancing In The Moonlightをやっていたり、アイルランド系のロックの影響もあるようです。ですからノルウェーとしての特徴は全くありません。

ギターを中心としたバンドフォーマットの生演奏で、デジタルサウンドは少なめです。こういうタイプのオルタナは数多く出ていますが、その中ではクセがなくポップだと思います。同時代のオルタナバンドが変化しようともがいていた時期でしたので、時代遅れ的な印象はぬぐえませんが、素直にこういうスタイルが好きな人にはお勧めです。

The Recluse
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ