アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る


お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20171118]

iNK
(1998/07/14)
Merz

商品詳細を見る


2016年のアルバムです。アンビエントでテクノなスタイルになってきました。ポップさは影を薄めてコアハードなアシッドテクノ。歌もかなり加工してあります。スタイルとしては売れる作品を作り上げていますが、これも自主制作でのリリースになっています。アレンジは90年代、歌は80年代な感じのポップさを持っています。その組み合わせってあんまりないので、さらに挑戦的な試みをしてきています。今年Entrance Is Everywhereというアルバムをリリースしますが、まだ情報がないので、これが現在までの最新作になります。

1. Little Bird
2. Winterkill
3. Ten Gorgeous Blocks (Ewan Pearson Mix)
4. Ink
5. Rinka Hard Hammer
6. Soyinka
7. Limitless One
8. Freed

プログレ路線をデジタルな表現にして、シンプルでポップにデフォルメしてきたら、それはそのままこのドラムンベースなスタイルに行き着いてしまったという感じです。それはある意味ロック、テクノの歴史そのものであり、それを個人的に体現してきたのであって、結局こうなるのか、という感想しかありません。ここまでくると、もう一歩先に進まないと面白みはありません。

ただ、このアレンジにこんなポップな歌が乗っかってくるというのは素晴らしい事なので、そこを強調すればいいのに、インスト面の方が強調されてしまっている感じがします。アレンジ面は新しいものはありません。ただ、ポップフォーマット感覚があるので、普通のテクノとは違うアプローチがあるくらいです。ここはまだ通過点だと思うので、今後どこまでこのスタイルを突き詰めていくのかが気になるところです。

Little Bird
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20171118]

Thinking Like a Mountain
(1998/07/14)
Merz

商品詳細を見る


2015年のアルバムです。バンド演奏になっていますが、プログラミングも重要なパートになっています。その上でのさらなるプログレな曲作りになっています。ジョンアンダーソン風がツボに入ったのか、より壮大なスケール感のある作品になっています。でもこの人の歌い方は本来レイデイヴィスなので、レイデイヴィスがプログレしているような感じになっていて面白いです。

1. Shrug
2. Crying Shame
3. Oblivion
4. Dear Ghost
5. Absence
6. Serene
7. Ten Gorgeous Blocks
8.Mercy

自主制作でダウンロード販売でリリースされていましたので、自分でも売れるような内容でない事は承知の上でやりたい事をやっています。曲自体はプログレなスタンスになっていますが、デジタル処理はテクノ感覚なところがあって、かなり斬新な内容になっています。ただ、そこまで分かってもらうには時間がかかるような内容なので、聴いてすぐ食いつくようなポップ作法は取り払っています。そこが自主制作ならではの覚悟になっています。

売れる為にはやりたい事を歪曲しなければならない事がほとんどでしょう。プロとしてはお金を稼ぐ事も必要になってくるのでしょうがありませんが、アーティストとしてのプロ意識を持つならば、やりたい事を追求するのが使命でもあり、売れる事よりも良い作品を残す事が天命でもあると思います。その為に自主制作という選択が最近は多くなっています。自主制作はかなり負担でもあり、リスクが多くなりますが、作品として残せるなら後は時の判断に任せるしかありません。好みが分かれる内容ですから、評価される日が来るかはわかりませんが、現在進行形なプログレファンの私には好みな作品です。

Shrug
⇒ 続きを読む

[20171117]

No Compass Will Find Home
(1998/07/14)
Merz

商品詳細を見る


2013年のアルバムです。ポップでありながらもプログレなコンセプトアルバムになっています。今回はバンドスタイルではなく、打ち込みもありの凝った内容になっていますが、基本はやはりギター弾き語りでも完結出来るような曲になっていて、それがロックやテクノの要素をまといながらプログレ的に展開していきます。

1. Arrows
2. Judge
3. Eudaimonia
4. Toy
5. Credo
6. Goodbye My Chimera
7. Our Airman Lost
8. The Hunting Owl
9. Xynthia
10. No Compass Will Find Home

シンプルなアコギだけの演奏からテクノ解禁な派手な展開になっていきます。歌はポップでありながらも、どこかジョンアンダーソンを思わせるような歌い方になっています。これもある意味ブリットポップだと思ってしまうのは私だけでしょうか。ともかくコンパスも無く家路を探す旅は続いていくのでした。フォークトロニカという感覚では制作されておらず、あくまでもポップソングとしての完成度を楽しんでいる感じです。

ジョンアンダーソンのソロ作品を近代的に、シンプルにポップにデフォルメしたような感じ。キーが低めなのが親近感を与えるポップマジックになっています。リックウェイクマンもスティーヴハウもいないけれど、トレヴァーラビンはいるみたいなアレンジ。コーラスアレンジもアンダーソンっぽいです。コアなイエスファンにしか伝わらないような感じですが、それ抜きにしてもポップ作品として完成度の高いものになっています。

Arrows
⇒ 続きを読む

[20171116]

Moi et Mon Camion
(1998/07/14)
Merz

商品詳細を見る


2008年のアルバムです。ゲストを招いてのバンド編成での生演奏になっています。基本はギター弾き語りで完結するほどの曲になっていて、徐々にいろんな楽器が加わって盛り上がっていきます。80年代ポップスもオルタナも、ネオアコも通過してきたからこそのブリットポップ。ビートルズっぽい曲だけがブリットポップではありません。ブリティッシュロックの歴史を踏まえた上でのポップソングなのです。

1. Moi Et Mon Camion (The Eviction Song)
2. Call Me
3. Shun (Sad Eyed Days)
4. Malcolm
5. Silver Moon Ladders
6. Presume Too Much
7. Lucky Adam
8. Cover Me
9. No Bells Left To Chime
10. The First And Last Waltz

ブラックミュージックに憧れたモッズ文化を持つイギリスにとって、アメリカの音楽は憧れであり、イギリスの伝統音楽も絡めてさらに進化させて独自のブリティッシュロックを築いてきました。カントリーロック、フォークロックもパブロックの糧となりました。また他のヨーロッパの動きにも敏感で、ブリティッシュロックの歴史は良い意味での混血を繰り返してきました。その歴史の流れの先に辿り着いた、熟成されたブリットポップになっていると思います。

ビートルズの呪縛からの脱出もブリティッシュポップの宿命のようなところもあります。どちらかと言うとイギリス本国ではキンクスの方が国民的なバンドだったので、Merzの場合はキンクスに近い感覚があると思います。そう考えると、この曲の完成度は見事なもので、素晴らしい出来栄えになっています。イギリス人受けする音楽は必ずしも世界的に成功するものでない場合もありますので、世界的に売れていくには違う要素も必要になってくると思いますが、世界的にも優れたシンガーソングライターだと思います。

Call Me
⇒ 続きを読む

[20171115]

Loveheart
(1998/07/14)
Merz

商品詳細を見る


2005年のアルバムです。テクノの部分が無くなってブリットポップな感じになっています。2000年を越すと何でもありの時代になります。新しいムーヴメントが生まれなくなるので、何やっても正解みたいな感じになります。どんなジャンルの音楽にもファンがいて需要がありますので、何かに偏る必要が無くなったのです。ですからポップな曲をやっても問題ないのです。最後には良い曲を書いたものが勝つのです。

1. Postcard From A Dark Star
2. Dangerous Heady Love Scheme
3. Verily
4. My Name Is Sad And At Sea
5. Butterfly
6. At Night I Dream Your Bedroom's Crammed With Ducks
7. Warm Cigarette Room
8. Mentor
9. The Leaving Song (Yorkshire Traction)
10. Loveheart
11. The Winter Song

流行を気にしなくていいのなら、自分の一番得意な好きな分野で勝負するのが正解だと思います。ビッグヒットを飛ばすならある程度周りに合わせる必要があるでしょうが、そこそこ売れる程度なら、周りを気にしなくても良いと思います。ただ、誰でも音楽が作れる環境になり、プロなのか、アマチュアなのか分からないようなミュージシャンが世界中から音楽を発信するような時代になりましたので、それなりの個性を持っていないと埋もれるばかりです。

大きな特徴を持ったミュージシャンではありませんが、良い曲を書けるという強みを持っています。デビュー当時はメジャーリリースでしたが、さすがにインディーズリリースになると広く知られるのが難しくなりますが、良い曲を書き続ければ、必ず認めてくれる人がついてくれるはずです。シンセの音などは今風ですが、正統派ブリットポップな雰囲気はとても好感が持てます。

Postcard From A Dark Star
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ