アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、muzie と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
muzie SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 muzie SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20170604]

Enjoy!
(1998/07/14)
Mugison

商品詳細を見る


2016年のアルバムで現在までの最新作になります。ポップな曲調になっています。バンドだけの演奏にこだわらずに管楽器なども含めたジャズっぽい感じのポップソングになっています。大人のロックって感じです。こういう事をさらりとやってのけるところが凄いところです。アナログな楽器だけでこれだけ多彩な音色を作れるというのも最近では珍しいものです。

1. Deliver
2. Please
3. Who Would I Be Holding Tight
4. Tipsy King
5. Hangover
6. Pissing In The Wind
7. I'm A Wolf
8. Climbing Up A Dream
9. Lazing On

ただポップな曲を作るだけではなく、発想のセンスがずば抜けています。普段から相当優れた音楽に慣れ親しんでいるからこそ出来る事だと思います。いい音楽を作るならいい音楽を聴いていないと出来ません。いい加減な音楽を聴いていてら、妥協したような音楽しか作れないのです。食事も一緒で、お金が無くても手の込んだ本当に美味しい料理を普段から食べる事で、それが音楽にも反映します。妥協しなくなるのです。

だから音楽を作るのは生活環境も含めてお金がかかります。音楽だけで無く芸術全般に言える事ですが、良いものに触れる事で自分の作品にも反映してきます。だけど今も昔も芸術家は貧乏人が大半です。良いものを求めるなら一番報酬が必要な職業なのです。だからほとんどの人がこの程度でいいやと思っているような音楽を世に送り出しています。この人はは収入には困っていないのか、それともそれ以上に心が豊かなのかわかりませんが、妥協の無い音楽を作っていますし、過剰な事もやっていない、優れたセンスを持ったミュージシャンだと思います。

Deliver
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20170604]

Haglél
(1998/07/14)
Mugison

商品詳細を見る


2011年のアルバムです。ブルースロックに特化した作品と言ってもいいかもしれませんが、そこにポップス、ヨーロッパの哀愁などを織り交ぜた進化した独自のブルースになっています。ノスタルジックブルースというかもろ黒人色の強いブルースもあれば、ヨーロッパ圏の白人のフィルターを通した様なブルースの可能性を広げた内容になっています。

1. Kletturinn
2. Stingum Af
3. Góðan Dag
4. Þjóðarsálin
5. Áfall
6. Gúanó Stelpan
7. Haglél
8. Stolin Stef
9. Blindflug
10. Ljósvíkingur
11. Púkafæla

ブルースも一種の民族音楽であり、各地の民族音楽、流行歌にはマイナー系の悲哀に満ちた曲が存在します。その共通項目を利用してブルース仕立てに仕上げているのです。ブルースが日本、特に大阪で人気が高かった事でも分かるように、日本人の浪花節に通じるものがあります。エレジー、それは世界中で共感出来る心の琴線に触れる事が出来る音楽であって、そうした音楽をブルースロック仕立てにするというのは無理がありません。

しかし、ブルースはこうでなくてはならないという定義にこだわってしまうと、その自縛から抜け出せない死地に至ります。アメリカではない国の観点から、その死地から抜け出せる術が生まれるのです。ロックは混血から生じて発展してきた音楽だからこそカッコ良くなれたと思いますし、民族音楽や流行歌も時代の流れとともに混血してきてロック的な性格を持っているものも少なくありません。後継を任された音楽家はそこからカッコイイものをチョイスするセンスが問われるのです。

Kletturinn
⇒ 続きを読む

[20170603]

Ítrekun
(1998/07/14)
Mugison

商品詳細を見る


2009年の作品でライブアルバムになっています。観客の歓声は全く聞こえません、スタジオにおけるライブセッションなんですね。バンドを持ってからの演奏ですから、これまでのオリジナルアルバムよりもパワフルな曲に仕上がっています。やはり70年代風のサザンロックのような雰囲気があります。スタジオアルバムではオルタナな雰囲気でしたが、バンド演奏ではサザンロックしています。

1. The Pathetic Anthem
2. Murr Murr
3. Poke A Pal
4. Jesus Is A Good Name To Moan
5. I'm Alright
6. I Want You
7. Go Blind
8. I'm On Fire
9. To The Bone

一発録りでこれだけのパフォーマンスが出来るというのは、バンドメンバーの技量も生半可な物ではありません。普通にアイスランドのハードロックバンドだと言っても通用するでしょう。既存の曲をバンドで再現する事によって、バンドの紹介や可能性を示したアルバムになっています。

一人で曲作りをしているもにとっては、やりたい様に出来ますが、バンドではそうはいきません。よっぽど気の合ったメンバーが揃えられなければバンドには満足しないはずです。しかしこの息の合った演奏からはその心配はありません。そして一人でやっている時には出せなかった様なパフォーマンスが繰り広げられています。

The Pathetic Anthem
⇒ 続きを読む

[20170603]

Mugiboogie
(1998/07/14)
Mugison

商品詳細を見る


2008年のアルバムです。ここからバックバンドを率いて活動するようになっていきます。ベースのGuðni Finnsson、ドラムの Arnar Gislason、キーボードのDavíð Þór Jónsson、その他にゲストが数人参加しています。オープニングからグラムロック全開でスタートします。ブルースロックなど、70年代風のバンドスタイルになっていますが、表現の仕方はオルタナっぽいところがあります。

1. Mugiboogie
2. The Pathetic Anthem
3. To The Bone
4. Jesus Is A Good Name To Moan
5. George Harrison
6. Deep Breathing
7. I'm Alright
8. The Animal
9. Two Thumb Sucking Son Of A Boyo
10. The Great Unrest
11. My Love I Love
12. Sweetest Melody

最初っから流行りは気にしていないところがありましたので、バンドを持ってやりたい事をやったらこうなったみたいな内容になっています。単なる真似事に終わっていないところがカッコイイです。やりきっている感、思いっきりの良さが好感が持てます。活きた音楽っていうのは流行り廃りを感じさせません。これが一番肝心な事です。活きた音楽はどんなに時代が変わっても色褪せないのです。最近はそんな活きた音楽が失われている時代ですから。

演奏力、表現力も備わっていないとなかなか活きた音楽は作り出せませんが、第三国は強者揃いで、実力者がうごめいています。その中でも面白い事を生み出せる才能があるかないかが大事になってきます。そこまでの事が出来れば普通は世間が放っておかないのが道理ですが、最近は埋もれているパターンが多いです。昔からいっぱいいたのかもしれませんが、情報量が多い時代になってそれが浮き彫りになっているだけなのかもしれません。この人は絶対に世に埋もれさせてはいけない人です。

Mugiboogie
⇒ 続きを読む

[20170602]

Mýrin
(1998/07/14)
Mugison

商品詳細を見る


2007年の作品で、これも映画のサウンドトラックになっています。英語タイトルはJar City、日本のタイトルは湿地です。Mugisonは音楽を監修していますが、オリジナル曲ではなく、教会音楽や民族音楽のようなトラディショナルソングなどが選曲されています。演奏も自分ではやっていませんが、編集作業で才能を発揮しています。

1. Til eru fræ
2. Sveitin milli sanda
3. Bium bium bambalo
4. Erlendur
5. Ellidi
6. a Sprengisandi
7. Fyrir atta arum
8. afram veginn
9. afram veginn
10. Halabalubbulubbulei
11. Malakoff
12. Bi bi og blaka I
13. Myrra
14. Kirkjuhvoll
15. Bi bi og blaka II
16. Dagny
17. Heyr, o gud raust mina
18. Lyrik
19. Nu hnigur sol
20. Sofdu unga astin min
21. odur til Hildigunnar
22. Svefnfræ
23. Fræsvefn
24. Svefnfræ, songur
25. Nu legg eg augun aur

オリジナルアルバムとは言えませんが、私達の知らない北欧の感性に触れる事が出来ます。オリジナルソングは使わずに、北欧では馴染みのある曲を選択するというのもすごい決断です。自分でカバーする事も出来たと思いますが、原曲をそのまま演奏したものをデジタル編集するという部分で個性を発揮しています。

あくまでもミステリー映画の為の作品に徹して、これまでのような自分の世界を封印するという決断も凄いです。オリジナル曲を入れた方が自分に入ってくる金額は多いはずですが、あくまでも映画の完成度を高める為の采配。普通のミュージシャンでは出来ない決断です。

Mýrin (Jar City) 2006 trailer
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ