アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る


お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20170730]

Alas Rattoisaa Virtaa
(1998/07/14)
Kemialliset Ystävät

商品詳細を見る


2014年のアルバムで現在までの最新作になります。リズム構築としてパーカッション、ベースの役割が与えられているので、多少ポップ言語を用いています。その事により格好良さも出てきました。電子音、サンプラーの役割が増えた事も大きな変化になっています。民族音楽性をデフォルメしたような効果が出ています。

1. Alempana Kuin Enkelit
2. Arkistorotat / Risuilla Täyteyssä Salissa
3. Nijura
4. Roiske Ruudukolla
5. Naderbux & Sundergrund
6. Vettä Yarahille
7. Hetkinen
8. Ei Millään Kielellä
9. Kun Rajat Sulaa
10. Apinatkin Laulaa

独創性は揺るぎませんが、楽器のパート役割が明確になっている事で敷居が低くなったと思います。エフェクト処理以上にサンプラーを活用する事がユニークな効果をもたらす事がわかり始めたようです。テクノ以外でもシンセやサンプラーは使い道があるのです。それを前提にしないと次世代のロックは作れません。バンド形態なんて、何故そこに国境があるのぐらいに全世代的な遺物でしかありません。それでも無くならないのが国境ですが。

国境を無くすくらいの勢いで音楽は作らなければ次世代には踏み出せないのです。まだ80年代や90年代から少ししか進歩していないのが現状です。そんな中で起爆剤となってくれる音楽だと思います。主流には成りえない音楽ではありますが、主流を揺るがすほどのパワーは持っていると思います。ロックと言う堅い大きな岩に少しでもヒビを与えてくれたらと思います。

Alempana Kuin Enkelit
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20170730]

Ullakkopalo
(1998/07/14)
Kemialliset Ystävät

商品詳細を見る


2010年のアルバムです。独自路線もさらに円熟味が増しています。理屈で理解できないものは感じるしかない。それがフリージャズの定義ですが、それと同じ聴き方をしなければいけません。ポップなフレーズが出てきたと思えば忘却の彼方に消し去られていく。頭で覚えようと思っても追いつきません。感覚で感じるしかないのです。

1. Kajastusmuseo
2. Kivikasan Rauhassa
3. Kohde Haihtuu Ilmaan
4. Niitty Veden Alla
5. Surullinen Kohta Seinässä
6. Maksaruohoja
7. Suosikkiorjalleni
8. Ystävälliset Miekat
9. Älä Koske Lintuja
10. Mestari Ei Väsy
11. Muuttujat, Saattajat
12. Palava Puolukka
13. Suohuuruja
14. Lyön Häntäni Vetoa

エレキだのの電気楽器の出番も増えてきているのでロック色が増していますが、サイケロックともレベルが違います。フィンランドの若き集団が現代に生み出す民族音楽。民族音楽って作者が分からないくらい古い歴史を持つものですが、現代の僕たちと変わらない人が民族音楽を生み出すって、かなりませた感性だと思います。但し、民族で共有する事は無いので民族音楽とは呼べないものですが。

架空の民族音楽という発想だと思います。エレクトロニクスも含まれていますから、アナログな響きでも現代的だと思います。土着の民族音楽も自分で楽器をこしらえて、理論もわからないまま音楽を奏でるところから始まるものだと思います。その感覚に似ていると思います。民族音楽もやがて多くの人で共有する事になると独自の理論、ルールを設ける事になります。例えばインドの民族音楽ですが、それを習得するための修練も課せられるようになります。そこまで行ってしまう前の段階、初期衝動における民族音楽と言う事でロック的な感性だと思います。

Kajastusmuseo
⇒ 続きを読む

[20170729]

Harmaa Laguuni
(1998/07/14)
Kemialliset Ystävät

商品詳細を見る


2008年の作品です。ネット販売のみでのリリースなのであまり広まっていませんが、そういう作品が彼らには沢山あります。ほぼジャムセッションのように曲が生まれていきますので、多量な作品群になっています。そうなってくると聴く方は何が何の曲なのか覚えるのも大変です。印象に残るテーマがないので、曲の見分け方も大変になってきます。

1. Tervehdys, Roskasakki!
2. Menneisyyden Tulevaisuudessa
3. Lempijuoma: Talo
4. Riisilla Ja Rusinoilla
5. Laguunin Muotoinen Laulu
6. Synti Muissa Maailmoissa
7. Toivon Halvaannuttamat

テーマを決めてジャムセッションをするというのはジャズの手法ですが、それで独自の民族音楽を生み出していくという行為は、それだけ信頼がおけるメンバーが揃っている証でしょう。そこまで感性を共有出来るバンドはそうそういるものではありません。ポップスという共通言語があればすぐにバンドは始められますが、彼らの音楽的言語を共有するのは至難の技です。普通ならセッションすら成り立たないはずです。

アヴァンギャルドな音楽でも秩序を持った彼らの音楽は、フリージャズ以上にコンビネーションが必要とされる事でしょう。秩序がある以上何度も再現可能な音楽であるはずですが、果たして全く同じように演奏を再現出来るものなのでしょうか。二度と再現出来ないような瞬間、瞬間の音楽を私達は聴かされているのかもしれません。

Riisilla Ja Rusinoilla
⇒ 続きを読む

[20170729]

Kemialliset ystävät
(1998/07/14)
Kemialliset Ystävät

商品詳細を見る


2007年のアルバムです。本来はタイトルが付けられていませんので、バンド名が付けられています。電子音も増えてきましたが、その使い方が独特です。曲によってメンバーが違うということもあり、様々なカラーを出してきますが、共通して未開の地の宗教儀式のような雰囲気を作り出してきます。

1. He Tulivat Taivaan Ääristä
2. Lentävät Sudet
3. Tulinen Kiihdytys
4. Näkymättömän Hipaisuja
5. Solusyke
6. Superhimmeli
7. Merkkejä Iholla
8. Himmelimenetelmä
9. Valojuopot
10. Kokki, Leipuri, Kylvettäja Ja Taikuri (Enna 132 Eaa.)
11. Älyvaahtoa
12. Himmeli Kutsuu Minua

シーケンスパターンも民族音楽的で、テクノ感覚は皆無です。それでもシンセサイザーやドラムなどおなじみの楽器が登場してくると一般的な音楽言語を聴き取る事が出来ます。ですから、これまよりはロック的な雰囲気も出てきました。メンバーも入れ替えが激しくなってくるとJan Anderzénの意図とは違う事をやってしまう人もいるのでしょう。でもそれが面白かったら採用になっているような感じです。

一番大きな変化はリズム楽器が使用されるようになり、拍の概念がある事です。拍子がある事でセッションもし易くなります。演奏する上でのガイダンスになりますから共通作業がやり易くなります。逆に言うと、これまではそれが無い状態でのセッションという脅威の環境だったという事です。感覚だけが頼りのセッション。やりがいもありますが支離滅裂になりがちです。その混沌こそが狙いなところもあります。

Solusyke
⇒ 続きを読む

[20170728]

Lumottu Karkkipurkki
(1998/07/14)
Kemialliset Ystävät

商品詳細を見る


2005年のアルバムですが、2000年にカセット販売されていたものをリイシューした作品になっています。96年から活動しているバンドで、最初はカセットやアナログ盤などのフォーマットで販売していました。その頃から既に独特のスタイルは生み出されていることが分かります。

1. Lumottu Karkkipurkki
2. Metsä
3. Af Rikka
4. Systeemi I
5. Aaveet
6. Systeemi 6
7. Linna
8. Systeemi 9
9. Sumusaha
10. Puutos
11. Sininen Maa
12. Aasia
13. Systeemi 4
14. Karkit
15. Aarre

レコーディングもアナログ卓でテープレコーディングされている風でもあり、それでいてサンプリングも駆使していたり、かなり自由な発想でレコーディングされています。こだわりがない事がこだわりみたいな雰囲気です。テープ録音ならではのローファイさもあり、まさにサイケデリックなサウンドなのですが、それだけでは収まらないような許容量です。

ポップ言語を否定するような挑戦的な音楽である事は間違いありません。それでいてポップな響きもあり、ポップアヴァンギャルドのもっとマニアックな世界です。既存の音楽を再現しようなどとは全く思ってもおらず、たまたま出てきた音がポップだったりしているに過ぎません。生理的に受け付けない人がいるかもしれませんが、非常に生理的な音楽だと思います。

Metsä

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ