アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る


お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20180505]

V
(1998/07/14)

JJ商品詳細を見る


2014年のアルバムで現在までの最新作になります。よりダークに、より抽象的になっています。シンセポップのようなレトロ感覚ではなく、しっかりエレクトロニカしています。Elin Kastlanderの歌声に合わせて、自分がやりたいエレクトロサウンドという双方の落とし所としてこのスタイルにたどり着いたようです。その割にはElin Kastlanderの歌は楽器的な扱いになっています。

V
Dynasti
Dean & Me
All White Everything
When I Need You
Fågelsången
Full
Inner Light
Hold Me
I
Be Here Now
All Ways, Always

まだシンセポップなアレンジもありますが、それはレトロ感覚では無く、エレクトロニカの一つの表現として存在していますから古臭い感じがしません。オートチューンを使ったヴォコーダーっぽいエフェクトも多様しています。ですからElin Kastlanderの歌の出番がデビュー当時より少なめになっています。それでも彼女の歌声が一番しっくりくるサウンドになっているという不思議な感じになっています。

歌声が一番自然に存在感を出していますから、この抽象的な雰囲気も納得がいきます。ここからついてくるファンが本当のファンになっていくだろうと思います。しかしちょっと暗すぎて売れるかどうか微妙なところであります。ちゃんと自分達で納得しながら調和してきていますから、この路線で良いと思いますし、自信を持って今後も進化していってほしいと思います。

V
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20180505]

jj n° 3
(1998/07/14)

JJ商品詳細を見る


2010年のアルバムです。前作のトロピカルな雰囲気を出しながらも陰りをつけてElin Kastlanderの声質に合わせたスタイルにシフトチェンジしてきました。前作ではJoakim Benonが作ったトラックにElin Kastlanderが合わせて歌っていた感じだったので違和感がありましたが、Elin Kastlanderも対等な立場になったのでしょう。ここでやっと二人で作品を作るというスタンスになったのだと思います。

1. My Life
2. And Now
3. Let Go
4. Into the Light
5. Light
6. Voi Parlate, Io Gioco
7. Golden Virginia
8. You Know
9. No Escapin’ this

ダークとまではいきませんが、全体的に影のある雰囲気になって来ました。それでもトロピカルなアレンジをやっていますが、Elin Kastlanderの陰りのある歌声が優っています。トロピカルなリズムも連続はさせずに、間を取りながらになっているので、雰囲気を壊していないという気の利いたアレンジになっています。

シンセポップ色も部分的に使うのでアコースティックな音色とのバランスがより良くなっています。それでもデジタル感が強めになっているのは譲るとして、アナログ感をもっと出した方が個性的になれるとも思います。そこはJoakim Benonの趣向なので、そこまでの譲渡は出来ないのかもしれません。二人作っている以上、そこの折り合いは二人の問題だと思います。もう少し切磋琢磨しあった方が良いものが出来ると思います。

My Life
⇒ 続きを読む

[20180504]

jj n° 2
(1998/07/14)

JJ商品詳細を見る


スウェーデンの男女デュオJJの2009年のファーストアルバムです。スウェディッシュポップの爽快さとシンセポップが融合したサウンドにスカやアフリカンビートが散りばめられています。80年代ポップの焼き直しのようなところがありますが、音は90年代以降のものであり、アコースティックのアナログ感とシンセのデジタル感のバランスがいい感じです。

1. things will never be the same again
2. from africa to malaga
3. ecstasy
4. are you still in vallda?
5. my love
6. Intermezzo
7. my hopes and dreams
8. masterplan
9. me & dean

トロピカルビートのシンセポップ。最近では珍しいですが、80年代には結構流行っていました。シンコペーションによるダンスミュージックというのはおしゃれな感じがします。アクセントがユーロビート以降のダンスビートとは違いますから、そこが特徴的と言えるでしょう。それ以外はさほど大した特徴はありません。歌も女性にしては嗄れていますし、低めです。上手いとも言えませんから好き嫌いがあるでしょう。

アナログ感をもっと強めにした方がスウェディッシュポップらしくて良いと思ってしまうのは好みの問題かもしれませんが、この歌声にシンセポップのアレンジはしっくりこないところがあります。短所も長所にしてしまえば個性ですから、外野がどうのこうの言うのは筋違いかもしれませんが、私がプロデューサーなら、この声の特徴を活かしたようなアレンジを考えると思います。ファーストなのでこの後の進化が問われるところです。

Full Album
⇒ 続きを読む

[20170812]

How We Became
(1998/07/14)
Jeremy Warmsley

商品詳細を見る


2008年のアルバムで、ソロとしては最新作になります。エレクトロニクスの部分が増えていますが、基本はバンドスタイルのポップソングになっています。共同プロデュースにMarkus Dravsを起用してプログラミングアレンジを強化しています。生演奏も重要な要素になっていますので、フォークトロニカの概念により、より自由なスタイルを手に入れています。

1. Lose My Cool
2. Sins (I Try)
3. How We Became
4. 15 Broken Swords
5. Dancing With The Enemy
6. I Keep The City Burning
7. Turn Your Back
8. Waiting Room
9. Take Care
10. If He Breaks Your Heart
11. Pressure
12. Craneflies

曲自体はポップソングとして成り立っていますので、エレクトリックなサウンドはあくまでも味付け程度のエッセンスであり、生演奏だけでも十分魅力的な曲に仕上がっています。そこにエレクトリックなアレンジが加わる事も違和感を持たない世代になっています。ニックヘイワードが昔ブリットポップとブレイクビーツの融合みたいな作品を出していましたが、特に珍しい事でも無くなっています。

重要視すべきはJeremy Warmsleyの類稀なる作曲能力だと思います。ビートルズの影を感じさせないブリットポップを作れる世代でありながら、十分継承しているという感覚。ポールがまだ精力旺盛なら挑戦出来る分野というか、いつまでも大物ばかりにデカイ顔をさせている訳にはいかない、新しい世代の若者が、新しい感覚で先達を超えていくべきなのであり、過去ではなく未来を見つめているブリットポップになっていると思います。

Lose My Cool
⇒ 続きを読む

[20170811]

The Art Of Fiction
(1998/07/14)
Jeremy Warmsley

商品詳細を見る


イギリスのミュージシャンJeremy Warmsleyの2006年のファーストアルバムです。スタイル的にはブリットポップで、アコースティックな楽器での生演奏になっています。Jeremy Warmsley自身でのマルチプレイと多少のプログラミングにゲストによる生楽器、生演奏によるレコーディングで、エレクトロニクス感は薄めです。

1. Dirty Blue Jeans
2. I Promise
3. I Knew That Her Face Was A Lie
4. 5 Verses
5. The Young Man Sees The City As A Chessboard
6. I Believe In The Way That You Move
7. Jonathan & The Oak Tree
8. Modern Children
9. A Matter Of Principle
10. If I Had Only
11. Hush

ポストブリットポップとでもいうべき感じで、ブリットポップを継承していますが、従来のブリットポップとは違うニュアンスを持っています。最近のイギリスの若者の感覚とで言いますか、いかにものイギリスらしさはデフォルメされていると思います。それに加えてプログレッシヴな感覚も持っていて、派手にならない程度にプログレっぽいアレンジもちりばめられています。

程よいポップ感覚で甘くなりすぎないクールな感じが今のイギリスの若者らしい感じがします。レトロ感覚ではない、現在進行形のブリットポップだと思います。アコースティック感が強めですが、HDDレコーディングの特色を活かしたサウンドメイキング、曲作りも自分のスタイルを既に確立しています。なのでとてもロック的c絵もありますし、こういう感性の若者が新しい将来をもたらしてくれる事を期待します。

Dirty Blue Jeans
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ