アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、muzie と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
muzie SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 muzie SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20170513]

The Stillness Of The Sea
(1998/07/14)
I Am Your Autopilot

商品詳細を見る


2013年のアルバムです。現在までの最新作になっています。前作のようなフォークスタイルだけではなく、ロック色も出したバンドサウンドになっています。デジタルサウンドもありのフォークロックになっています。マンチェスターと言えば90年代は空前のバンドブームであり、道を歩けばバンド加入を促されるほどでありましたから、こういう演奏も当たり前のように出来るのですね。

1. Maps
2. Little Neutrino
3. Stormy Waters
4. The Stillness Of The Sea
5. Conifer Drive
6. Winter's Song
7. When Sunday Comes
8. Build A House
9. Beauty In Numbers
10. Guns And Gadgets
11. Love Will Make Your Heart Beat Faster
12. Deep Water Horizon
13. Slow Weather

フォークを基調にしているのでバンド演奏でも情緒的であり、前作ほどハーモニーを強調していませんが、歌声は甘美でありながらも安定した音程をキープしています。エレキも出番が多いのが特徴的です。それでいてシンフォニック。自分達の特徴を活かしながら進化しています。それでもかなり早い進化の仕方でありますが、それだけ最初からポテンシャルを秘めていたと思います。

ファーストアルバムがフォークにこだわっていただけで、本来は何でも出来る器用なバンドなのです。こうした優れたアルバムがインディーズでもなく自主制作でリリースされています。メジャーでもおかしくないくらいの出来栄えです。こうした優れた才能を埋もれさせてしまうのは、メジャーレーベルの大罪であります。それほどメジャーは力を失っているのです。これだけの作品なら売り文句はいくらでも出てくると思いますが、それだけ優れた発想も失っているのでしょう。経済面に苦しむ事なく活動を続けて欲しいと望むばかりです。

Maps
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20170512]

Robots In The Orchestra
(1998/07/14)
I Am Your Autopilot

商品詳細を見る


イギリスのグループI Am Your Autopilotの2009年のファーストアルバムです。メンバーはBen Evans、Jasper Wilkinson とGraeme Brookerの三人組でマンチェスター出身です。フォークソングとエレクトロニカをミックスしたスタイルでフォークトロニカに分類されますが、かなりフォーク色が強いです。

1. Smokescreens
2. All In Our Hands
3. We've Been Here Before
4. Airside
5. Think Of The Words
6. Empty Heart
7. Yesterday's Signs
8. Traces
9. Timelines
10. Five Lanes

ギターによる弾き語りを基本とした美しいハーモニーのフォークソング。それだけで終われるのですが、エレクトロサウンドも遠慮なくフューチャーされています。サイモンとガーファンクルのようなトラッドフォークをベースにしながらも美しいハーモニーを響かせる三人。曲調は完全にフォークソングなのですが、ヴォコーダーを使ってみたりと現代的なフォークソングとして成り立たせています。

デジタル世代ならではのこだわりの無い電子音。昔なら違和感を覚えているところですが、何故かこれが見事に調和しています。教会の中で歌われているような残響音。それと電子音が妙にマッチしているのです。だからと言ってテクノ感は
感じられません。フォークソング以外の何物でもありません。サンプリングのシーケンスも生演奏と見事に調和しています。

All In Our Hands
⇒ 続きを読む

[20150319]

Who CaresWho Cares
(2012/08/07)
Ian Gillan & Tony Iommi

商品詳細を見る


Tony Iommiとコラボレートした2012年の作品です。地震で崩壊したアルメニアの音楽学校の復興資金を作る為に制作されたシングルOut Of My Mindを中心に他のミュージシャンとのセッションも含めて曲が集められており、Tony Iommiの重厚なヘヴィメタギターリフとIan Gillanの歌の相性はハマっており、一時サバスにも参加していただけに、ヘヴィメタでもIan Gillanの声は映えるのが分かります。

ディスク:1
1. WhoCares "Out Of My Mind" Featuring Jon Lord, Jason Newsted and Nicko McBrain
2. Black Sababth "Zero The Hero"
3. Ian Gillan feat. Iommi, Ian Paice and Roger Glover "Trashed"
4. M. Rakintzis feat. Ian Gillan "Get Away"
5. Tony Iommi feat G.Hughes "Slip Away"
6. Gillan "Don´t Hold Me Back"
7. Ian Gillan "She Thinks It´s A Crime"
8. Repo Depo feat. Ian Gillan "Easy Come, Easy Go"
9. Deep Purple feat.Ronnie James Dio "Smoke On The Water"
ディスク:2
1. WhoCares "Holy Water"
2. Black Sabbath "Anno Mundi"
3. Tony Iommi feat. G. Hughes "Let it Down Easy"
4. Ian Gillan "Hole in My Vest"
5. Gillan & Glover feat. Dr.John "Can´t Believe You Wanna Leave me"
6. Ian Gillan & The Javelins "Can I Get A Witness"
7. Garth Rockett & The Moonshiners aka IG "No Laughing in Heaven"
8. Ian Gillan "When A Blind Man Cries"
9. Deep Purple "Dick Pimple"

チャリティー用の作品ではありますが、かなり本格的にヘヴィメタしており、Ian Gillanには他にちゃんとしたブレインが必要だったと思われます。それだけソロアルバムよりも完成度が高いです。彼らだけのセッションだけではなく、パープルなどの演奏も含まれており、CD2枚組ありますが、2枚目はボーナス扱いになっているようです。

これ以降ギランのソロ作品は無く、パープルの再結成につきあっているようです。ジョンロードが亡くなってパープルも行き場がなくなっていますが、残されたメンバーでライブはこなしているようです。又新しいソロ作品で、新しい魅力を示して欲しいものです。まだまだ声は出ています。年相応の音楽で良いと思います。そこにハードロックの明日が見えてくると思います。過去に縛られる音楽は死んでいるも同然です。

Out Of My Mind
⇒ 続きを読む

[20150318]

One Eye to Morocco /Live in AnaheimOne Eye to Morocco /Live in Anaheim
(2020/01/01)
Ian Gillan

商品詳細を見る


2007年のアルバムです。ソロアルバムとしては現在までの最新作となっています。ハードロックにはこだわっておらず、様々なポップスに挑戦しています。特にエスニックの要素とロック、ポップスを融合させたサイケデリックな曲を創っています。段々声も出なくなっていますが、普通の領域であればまだ安定していますから、こうしたサウンドを選択するのは好ましいと思います。

1. One Eye to Morocco
2. No Lotion for That
3. Don't Stop
4. Change My Ways
5. Girl Goes to Show
6. Better Days
7. Deal With It
8. Ultimate Groove
9. The Sky Is Falling Down
10. Texas State of Mind
11. It Would Be Nice
12. Always the Traveller

オーガニックで、コンテンポラリーなスタイルをロックとして演奏して大人の音楽を創りだしています。唯やかましいだけがロックではありません。これまでは、あまりにも声量があり過ぎてハードロックを選ばずにはいられませんでしたが、普通の声量になってしまっては、ハードロックは逆に足かせになってしまいます。ごまかす訳ではありませんが、歌は巧いのでいろんなジャンルに挑戦した方が、より可能性を拡げられます。

普通の歌であれば、まだまだ衰えを感じさせません。ハードロック時代が人間離れし過ぎていたのであって、あれを当たり前だと思っていてはダメなのです。その時に自分にあった音楽を選択をすると言うのも賢い才能であります。全体的にリラックスした雰囲気の演奏ばかりで、大人の余裕を感じさせますが、だからといって手を抜いている訳ではありません。力の抜き加減もセンスであり、音楽はテクニックよりもセンスが一番大事だと言うのは古今東西の常識であります。素晴らしい名盤です。

One Eye to Morocco
⇒ 続きを読む

[20150317]

Gillan\'s InnGillan\'s Inn
(2006/12/21)
Ian Band Gillan

商品詳細を見る


2006年のアルバムです。久々のソロアルバムになりますが、様々な豪華ゲストを迎えて、これまでの自分の曲を再演すると言う形をとっています。つまり企画的な要素が強く、昔の曲ですので、声の衰えがはっきり分かります。演奏は素晴らしく曲に新しい命が吹き込まれたように感じますが、声が出なくなったギランはまるでカヴァーディルレベルになっています。

1. Unchain Your Brain – Feat. Joe Satriani (guitar), Michael Lee (drums)
2. Bluesy Blue Sea – Feat. Jamick Gers (guitar), Michael Lee (drums)
3. A Day Late N A Dollar Short –Feat. Uli Jon Roth (guitar), Ronnie James Dio (vocals)
4. Hang Me Out To Dry – Feat. Joe Satriani (guitar), Michael Lee (drums)
5. Men Of War – Feat. Steve Morse (guitar), John Rzeznik (guitar)
6. When A Blind Man Cries – Feat. Jeff Healy (guitar), Jon Lord (organ)
7. Sugar Plum – Feat. Roger Glover (bass), Ian Paice (drums)
8. Trashed (Tony Iommi (guitar), Roger Glover (bass), Ian Paice (drums)
9. No Worries
10. Demon's Eye
11. Smoke On The Water
12. No Laughing In Heaven
13. Speed King
14. Loving On Borrowed Time

参加しているミュージシャンはJoe Satriani、Don Airey、Uli Jon Roth、Steve Morse、Jon Lord、Ian Paice 、Roger Glover、Tony Iommi、そしてRonnie James Dio との競演が実現されています。新曲が無いので新鮮味がありませんが、ハードロックを支えてきたそうそうたるメンバーが揃っていますので、お祭り騒ぎになっています。話題性もあり、まずまずの売り上げになっていますので、とりあえずは成功でしょう。

しかし、ファンとしては新作が聴きたいのであって、昔の曲を聴かされてもどうしようもありません。ベストアルバムのような感じで聴けば良いのでしょうが、ハードロック系の曲ばかりで、これがイアンギランの全てではありませんから、特定のファンを意識した内容になっています。演奏は流石に素晴らしいので、それだけの作品であります。

Unchain Your Brain
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ