アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る


お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20171231]

Communicating
(1998/07/14)
Hundred Waters

商品詳細を見る


2017年のアルバムで現在までの最新作になります。これまでになかったダンスビートも使うようになり、歩み寄りな姿勢を感じさせます。サイケフォークな雰囲気はなくなり、エレクトロニカな豊かなシンセサウンド、アコースティック楽器の使用。これにダンスビートが加わればもうそれは普通になってしまう危険性が増していますが、それでも自分達の作風は守っています。

1. Particle
2. Wave To Anchor
3. Prison Guard
4. Parade
5. At Home & In My Head
6. Re:
7. Fireflight
8. Fingers
9. Communicating
10.Blanket Me
11. Better

インディーズいといえど売れなければ生き残っていけませんから、ある程度売れる要素も出しつつ進化させています。一つ一つの音の質感はかなり良くなっていますし、自分達の演出の仕方も熟してきています。シンフォニックなアレンジとシンプルなダンスミュージックの共存、かなりの課題をクリアしての新境地を拓いています。

複雑だとしても難解にならずにシンプルに聴かせる塩梅が一番難しいものですが、少しうまくいっているようです。ノイジーな感じはやり過ぎだと思いますが、コントラストを付ける上では有効でしょう。かなり電子音寄りなアレンジになってきましたが、もっと洗練させる事で独自のスタイルに至る予感がします。機材次第でいくらでも音が変わってきますから、先立つものは金でしょうし、もっと知名度を上げていく事で新たな展開も見えてくると思います。

Particle
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20171231]

The Moon Rang Like A Bell
(1998/07/14)
Hundred Waters

商品詳細を見る


2014年のアルバムです。エレクトロニカな部分が増えてサンプラーも多用。それでも90年代っぽくなった感じになったくらいです。アコースティック楽器を演奏したり、サンプラー音源で使ったりしているのでフォークトロニカ色が強くなっているので、そこは近年のスタイルかもしれません。曲自体がフォーク、シンフォニックなので普通のフォークトロニカとは違う雰囲気なのが特徴です。

1. Show Me Love
2. Murmurs
3. Cavity
4. Out Alee
5. Innocent
6. Broken Blue
7. Chambers (Passing Train)
8. Down From The Rafters
9. [Animal]
10. Seven White Horses
11. Xtalk
12. No Sound
13. Nowhere

アメリカのインディーズですが、ヨーロッパ志向のサウンドで、ロック系の人達ではないようだし、映像を見る限り裕福な環境で生まれ育った教養を持っているようだし、目指しているものが違うからアメリカのありがちなスタイルにはならない確固たる強い意志を感じます。かといって一般的なエレクトロニクスに染まっていない訳でもなく、ロック的な表現も踏まえて、熟知した上での表現になっています。

ビョーク的な節回しの歌い方ですが、もっと落ち着いた感じで別物だと思います。基本はフォークフォーマットな演奏で表現出来る音楽ですが、電子音にすり替える事で印象も違ってきます。そこから更に突き詰めたサウンドを導き出しています。このアルバムのリミックス盤も出てきますが、プログレッシヴな旋律を持っているので、どんなフォーマットにも耐えられるだけの素材となっています。

Show Me Love
⇒ 続きを読む

[20171230]

Hundred Waters
(1998/07/14)
Hundred Waters

商品詳細を見る


アメリカのバンドHundred Watersの2012年のファーストアルバムです。メンバーはボーカル、ピアノ、フルートのNicole Miglis、ベースとプログラミングのTrayer Tryon、ドラム、トランペットのZach Tetreaultの三人が中心です。曲調はサイケフォークな感じにアナログな感じのエレクトロニクスが加わったフォークトロニカスタイルですが、シンセはプログレっぽい使い方ですので、エレクトロニクスというと印象が違ってきます。

1. Sonnet
2. Visitor
3. Me & Anodyne
4. Thistle
5. Caverns
6. · · · — — — · · ·
7. Boreal
8. Wonderboom
9. Theia
10. Are/Or
11. Gather

プログレ的なシンフォニックな感じと、トラッドフォークをサイケデリックな雰囲気で表現しています。プログラミングの部分は効果音的な使い方、アルペジオ的な役割であり、ダンスビートではありませんので、エレクトロニクスではありません。ルネッサンスあたりの中世バロック的なプログレであり、幻想的に演出する事でサイケな印象も受けます。

これもアメリカらしからぬバンドでありますが、アメリカにもこんなバンドが育っているのです。インディーズが盛んにならなかったら、アメリカでは決して世に出てこないような作風ですが、時代も味方しているのか、インディーズだから許される部分がありますし、アメリカでは売れなかったとしてもヨーロッパでは支持されるような音楽です。

Sonnet
⇒ 続きを読む

[20171009]

Harhailua
(1998/07/14)
Hannu

商品詳細を見る


2009年の作品で現在までの最新作になります。ミニアルバムとしてリリースされていますが、7曲もあって、アナログ盤なら普通にLPサイズの容量になっています。全然ミニではありません。全くの新曲ばかりなのでオリジナルアルバムもしくはHintergartenのアウトテイク集という趣です。Hintergartenと同じくサンプリングを大胆に使った内容ですが、Hintergartenよりもロックに近い音源を使っています。

1. Masseudun Tulevaisuus
2. Harhailua
3. Kautta Aikain
4. Hakolahti
5. UniversuminTomu
6. Hyyris
7. Vanhadrone

フレーズサンプリングを分かりやすく使っているのでブレイクビーツのようです。Hintergartenはその先にある使い方をしているので、Hintergartenのプロトタイプ的な内容かもしれません。聴く方はこちらの方が馴染みやすいかもしれません。多少のエフェクトを加えていますが、そのままのサンプリング音源を使っているからです。それではあまりにもこれまでのサンプリングミュージックと変わらないので、さらに編集してHintergartenが生まれたのだと思います。

フィールドサンプリングも含めてこの手法をやっているミュージシャンは少なからずいます。ですが、それでも完成度はかなり高いです。ただ、制作している方はもっと踏み込んだものを作りたいという欲望からHintergartenが出来上がったと思われます。それはサンプリングミュージックとしては複雑な処理がなされていて、馴染みが少ない印象だったので、馴染みやすさではこちらの方に軍配が上がりますが、未開の地に踏み込んだHintergartenの方がオリジナル作品とされているので、この人の意識の高さを伺えます。

Harhailua
⇒ 続きを読む

[20171008]

Hintergarten
(1998/07/14)
Hannu

商品詳細を見る


2009年のアルバムです。前作に比べるとリズムも作るようになっています。サンプリングを多用するようになっており、アブストラクトな作風で民族音楽、楽器の使用も目立ちます。多国籍な多用な要素はサンプリング音源からきていますが、それも狙いのようです。北欧だけに限らない風景がそこにはあります。

1. Pop
2. Lauttasaari
3. Theme For Grant
4. Valtameri
5. Kimallus
6. Maniac Moshers
7. Kaipaus
8. Tassunjälkiä
9. Hintergarten
10. Unenviejä
11. Valssi

生楽器のサンプリングを使ったエレクトロニクス、それはフォークトロニカとしての手法、それだけは守っています。あとはかなり自由に作っています。サンプリング素材からインスピレーションを受けて曲を作っていくと、偶然性による音楽となっていきますが、ある程度方向性が見えたところで彼の音楽センスが試される事になります。あとは音楽がその先へと導いてくれます。最初は何が出来上がるか分からない、つまらないものが出来てしまったらどうしよう、と考えながらうまくいったものが作品としてリリースされているように思います。

ジャズっぽい曲は最初から出来上がっていると思いますが、既成の音楽にならないようにする為には、最初から結果が見えていない方が良かったりします。想像つくような音楽を作っても面白くない訳です。作っている本人にも想像がつかない、それが素晴らしい音楽となった時の感動は作曲家にしか分からない喜びとなります。主観で作曲ばかりしていると巡り会えないような喜びです。彼もきっとそういう喜びに出会っているミュージシャンだと思います。

Hintergarten

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ