アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る


お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20170725]

Dream Line
(1998/07/14)
Yoshinori Takezawa

商品詳細を見る


日本のアーティスト武澤 佳徳の2012年の今のところ唯一のアルバムです。この後の作品はネット配信はされていますが、アルバムという形ではリリースされていません。画家、映像作家という顔も持っていて、表現の方法として音楽もやっています。日本のインディーズフォークトロニカにありがちな日常を切り取ったような音楽になっています。もはや定番。

1. Licht
2. Corriente
3. Breath
4. Estrella
5. Polaris
6. Audio Leaf
7. Ray
8. Spring Voice
9. Wave
10. Sorane
11. Recall
12. Twinkle
13. Utau
14. Draumar

生演奏にプログラミングを合わせたアレンジになっていて、バックアップしてくれているミュージシャンの力量も反映されています。映像作家らしさも音楽に反映されていて、立体的なミキシングがなされています。最近はサラウンドによる音楽の3D化も成されますが、本来は2面的な左右なステレオ処理だけがなされますが、ボリュームの上げ下げで前後の感覚も作られています。

サラウンド作品ではないので擬似的な立体感ですが、音楽専門でやっている人間には気が回らない所までこだわっていると思います。しかし登場してくる音が多すぎて映像が浮かぶような音楽にはなっていません。そこの感覚は音楽専門にやっている人のほうが長けているようです。まだファーストアルバムなのでやりすぎている面がありますが、こなれてくればもっとユニークな表現が出来るようになる事でしょう。

Licht
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20160719]

Still Life
(1998/07/14)
Young Magic

商品詳細を見る


2016年のアルバムです。現在までの最新作になります。これまでの80年代的なネオサイケの手法、90年代のダークシンセポップなスタイルがミックスされて独自の世界観をより追求した内容になっています。サンプリングも多様するようになり、ダンサブルなリズムも使ったり、彼らのカラーを崩すことなく新しい試みも行われています。

1. Valhalla
2. Lucien
3. Sleep Now
4. IWY
5. Held
6. Default Memory
7. How Wonderful
8. Homage
9. Sky Interior
10. Valhalla (Reprise)

ある意味レトロなサウンドであり、新しいスタイルではありませんが、いろんな要素の組み合わせが、これまでに無かった彼ら独自のスタイルを築き上げています。好きな事をやっていたら流行のスタイルではありませんが、なぜか心地良い、そういう事って結構まだ沢山あるのだと思います。現在は最新の音楽も流行もあって無いようなものですから、好きな事をやっても問題は無いのです。後は売れるかどうかの問題がありますが、心地良い音楽なら好きな事をやるに限るのです。

頭打ちしている音楽業界ですが、既存の音楽でも、まだまだ追求するべき余白が残っていると思います。ただ昔を蒸し返すだけではなく、その先にある、まだ誰も成しえなかったものを作り出すのも良いのではないでしょうか。そういう追求心が思いがけなく新しい音楽を生み出すこともあるでしょう。自分の信じる自分の好きな音楽を追求する。インディーズだからこそ出来る特権に、今は期待するしかありません。

Valhalla
⇒ 続きを読む

[20160718]

Breathing Statues
(1998/07/14)
Young Magic

商品詳細を見る


2014年のアルバムです。Michael Italiaが脱退してIsaac EmmanuelとMelati Melayの二人組になりました。その影響からかバンドサウンドから打ち込み主体のスタイルに変貌しています。ネオサイケな感じからシンセポップ、しかもダークな雰囲気になっています。こういうタイプのデュオは結構いるので珍しくはありませんが、独自の世界観は持っています。

1. One
2. Fall In
3. Foxglove
4. Something In The Water
5. Ageless
6. Cobra
7. Holographic
8. Mythnomer
9. Waiting For The Ground To Open
10. Captcha

アメリカのバンドでしたが、スタイルとしてはヨーロッパのプログレから派生したシンセポップサウンドになっています。デジタルサウンドも絡ませながらのバンドスタイルとしてライブでは再現しますので、90年代以降のデジタルロックバンドの類ではあります。それでもドラムパターンなどはテクノっぽくならずにワールドミュージック的なパターンを使ったりしているところがプログレッシヴです。

二人組になって打ち込みに頼るところも多くなっています。アメリカのグループなのにヒップホップ性を出していないシンセポップのスタイル、ヨーロッパの退廃的な雰囲気を出しているところが特徴であり、黒人音楽の要素がないというのは珍しいと思います。アフリカンなリズムは黒人音楽なのかもしれませんが、ヨーロッパな解釈なのです。今回はピーターガブリエルっぽさはありませんが、その影響下にあるのは間違いありません。

Fall In
⇒ 続きを読む

[20160717]

Melt
(1998/07/14)
Young Magic

商品詳細を見る


アメリカの三人組Young Magicの2012年のファーストアルバムです。メンバーはMelati Malay、Isaac Emmanuel、Michael Italiaの三人で、それぞれマルチに楽器を演奏しています。サウンド的には80年代のプログレ残党、例えばピーターガブリエルあたりのサウンドに似ています。サンプリング有りのシンセポップ、ネオサイケなど80年代の雰囲気がたっぷりあります。

1. Sparkly
2. Slip Time
3. You With Air
4. Yalam
5. Jam Karet
6. Night In The Ocean
7. Watch For Our Lights
8. The Dancer
9. Cavalry
10. Sanctuary
11. Drawing Down The Moon

海外では、日本では想像も出来ないほどピーターガブリエルの影響を受けたミュージシャンが沢山います。彼らもその典型的なバンドだと思います。アフロアフリカンなリズム、ネオサイケ独特のギターリフ、ゲートリバーブを強力にかけたドラムサウンドなど、21世紀のバンドがやるには古臭いサウンドですが、それを真面目にやっているインディーズバンドなのです。

流行に左右されないインディーズならではの現象ですが、こういうサウンドにこだわるバンドも珍しいと思います。この手のサウンドも90年代に入って廃れてきますが、まだ突き詰めようと思えば突き詰められる領域であります。こういうバンドがいてもおかしくないのですが、表に出てくるほど時代は待ってくれません。インディーズだからこそ許されることでもあります。若いバンドがこういうことを真面目にやるのも面白いものだと思います。

Sparkly
⇒ 続きを読む

[20141102]

You & Me BothYou & Me Both
(2008/06/17)
Yazoo

商品詳細を見る


83年のセカンドアルバムでラストアルバムになっています。Alison Moyetの個性が強過ぎた為か、長続きしませんでした。Alison Moyetはソロ活動をしてより人気を高めていきます。このアルバムからはNobody's Diaryのみシングルカットされていますので、日本ではあまり売れていませんが、イギリスでは1位に輝く売り上げを記録しています。特にAlison Moyetに対する期待が大きかった為、注目されていましたが、それはソロ活動に引き継がれていきます。

1. Nobody's Diary
2. Softly Over
3. Sweet Thing
4. Mr Blue
5. Good Times
6. Walk Away From Love
7. Ode To Boy
8. Unmarked
9. Anyone
10. Happy People
11. And On

シンセポップとソウルフルな女性ボーカルと言う事で、80年代ポップスが形創られていく上ではかなり参考になったユニットだったと思います。日本でもバンドメンバーを募集すると女性ボーカリスト希望者ばかりだったくらい女性ボーカリストに目覚める女性が多かった時代でした。ユーリズミックスほどシンセポップにあった声だとは思いませんが、イギリスでは新しいスタイルのポップスとして支持されていたようです。

Alison Moyetの歌を活かしきれているとは思いませんので、解散したのも自然な流れだったと思います。ただ、バンド形態ではなく、デュオというスタイルが可能になるという、シンセやプログラミングという、生演奏にこだわらない形態がここに市民権を得たと思います。ただ、あまりにもVince Clarke の創りだすシンセサウンドは今聴くとダサイとしか言いようがありません。

Full Album
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ