アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る


お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20061103]

Wasp Star (Apple Venus, Pt. 2) Wasp Star (Apple Venus, Pt. 2)
XTC (2003/03/03)
Cooking Vinyl
この商品の詳細を見る


アップルヴィーナスのVol,2が出ました。エレクトリックな内容になっていますが、Vol,1の出来映えがあまりにも素晴らしい内容だったので、最初にこの作品を聴いた時はがっかりしてしまいました。あまりにもひねりも何も無いように感じる訳です。中期のXTCのサウンドに近いのですが、かなり丸くなっている感じがして、これが新作なのかと思ってしまいました。曲はポップであり悪くないのですが、これなら2枚に分けないで一つのアルバムとして出した方がバリエーションもあって良かったのではないかと思います。

1. Playground
2. Stupidly Happy
3. In Another Life
4. My Brown Guitar
5. Boarded Up
6. I'm the Man Who Murdered Love
7. We're All Light
8. Standing in for Joe
9. Wounded Horse
10. You and the Clouds Will Still Be Beautiful
11. Church of Women
12. Wheel and the Maypole

アルバムを出す度に傑作度は増していたのに、このアルバムは完成度で言えば後退しているように感じるのです。新しさが何もありません。昔のXTCが好きな人には受けているようですが、革新する事を命題としている彼らが好きな私にとっては納得のいかない内容です。

I'm the Man Who Murdered Loveはいい曲ですが、全体的にリズムがオーソドックスし過ぎております。2000年にこのリズムの工夫の無さはいかんともしがたい。この後すぐ新作が出てくれれば良かったのですが、これ以降まだ新作は出しておりません。まだ解散はしていないのですが、現状オリジナルメンバーのコリンムールディングが脱退しており、アンディーパートリッジ一人だけが残っている状態です。芸術性の高かったVol,1に比べて妙に明るいVol,2ですが、曲が悪い訳ではありません。いい曲ばかりです。昔のアルバムだと思って聴く分には問題ありませんが、最新作がこれだというのは今だに納得出来ません。新作求む。

A Greeting From XTC

Blue Beret

XTC would tour no more
スポンサーサイト

[20061103]

Apple Venus, Pt. 1 Apple Venus, Pt. 1
XTC (1999/02/23)
TVT
この商品の詳細を見る


前作ノンサッチから7年の空白。その間にブラーやオアシスの台頭で巻き起こったブリットポップブーム。不在時に起こったブームに対して本家からの回答となるアルバムが出ました。アップルヴィーナスはVol,1とVol,2に分かれており、2枚分あった楽曲からアコースティックな曲を集めたのがこのVol,1になります。Vol,2がエレクトリックヴァージョンになります。そしてギタリストのデイヴグレゴリーが脱退した為に、オリジナルメンバーのアンディとコリンの二人組になってしまいました。

1. River of Orchids
2. I'd Like That
3. Easter Theatre
4. Knights in Shining Karma
5. Frivolous Tonight
6. Green Man
7. Your Dictionary
8. Fruit Nut
9. I Can't Own Her
10. Harvest Festival
11. Last Balloon

7年のブランクがありましたが、XTCの快進撃は続いている事を証明した内容です。益々メロディーにも磨きがかかり、贅肉をそぎ落としたアコースティックなアレンジが見事です。スカイラーキング以降は名作続きになっております。オーケストラとトラディショナルな部分が見事に調和してXTCにしか創り出せない音絵巻はここでも堪能出来ます。

ポップ職人としての腕は熟練の域に達しており、大人も楽しめる珠玉の名作となっています。全曲の完成度も高く、それぞれが独自の存在感を持ちながら調和しております。River of Orchidsでの無駄の無いオーケストラアレンジなど見事なもので、I'd Like Thatのようなフォーク調の曲も心地いいです。本物のオーケストラを使いながら、サンプリングやメロトロンに聴こえてしまうミキシング技術も見事です。Your Dictionaryなどは離婚再婚を経験したアンディーが創った大人の為のラブソングです。おこちゃまのブラーには創れない世界です。

アルバムを出す度にXTCの音楽は良質になっていっており、どこまで行ってしまうのかと恐ろしくもありましたが、Vol,2を出すまでに又時間がかかり、その間にデモテープヴァージョンなどを出して時間稼ぎをしておりました。曲自体が素晴らしいので、デモテープバージョンも楽しめますが、この作品尾完成度には及びません。見事なまでの美しいアルバムです。最敬礼をしたくなるような名盤です。

Knights in Shining Karma

[20061103]

Nonsuch Nonsuch
XTC (2001/06/11)
Virgin
この商品の詳細を見る


名作オレンジ&レモンズの延長線上にありながらも、名作の影に地味な印象を持っている作品です。しかし、やはりこれも全曲素晴らしいソングライティングが成されており、勝るとも劣らない名作となっております。よりブリティッシュトラッド色が強くなりながらも、XTCブランドになっているところが巧妙です。ガスダッジョンがプロデュースしております。

1. Ballad of Peter Pumpkinhead
2. My Bird Performs
3. Dear Madam Barnum
4. Humble Daisy
5. Smartest Monkeys
6. Disappointed
7. Holly Up on Poppy
8. Crocodile
9. Rook
10. Omnibus
11. That Wave
12. Then She Appeared
13. War Dance
14. Wrapped in Grey
15. Ugly Underneath
16. Bungalow
17. Books Are Burning

1時間分もある内容ながらすべてが名曲であり、無駄もなくスカイラーキングから連なる美しい考え抜かれたメロディーが溢れています。英国の童話に出てくるようなキャラクターを操り、XTC流ファンタジーの世界が繰り広げられています。ジョンレノンの真似をして丸眼鏡をかけたアンディーパートリッジはいかにもイギリスにいそうな少年の典型のように見えます。その少年パートリッジが創り上げたお伽噺のようなほのぼのとした気持ちになれます。

アメリカ的になったと評する人もいますが、そうではありません。ブリティッシュトラッドやケルトミュージックがアメリカに渡りカントリー&ウェスターンとなっておりますので、ルーツ的にも言ってこれは非常に英国的な作品なのです。しかもXTC流の新しい解釈によるものです。これまでのジョンレノン的メロディーからポールマッカトニー的メロディーに移行しているような印象がありますが、一つも嫌味なところがなく最初から最後まで心地良く聴き通す事が出来ます。

ブリタニアンな伝統音楽を伝える音楽は多くありますが、これほどポップに仕上げた魔法のような音楽を他に知りません。イギリス大好きな私にとっては大変な大好物となっております。コアなツェッペリンファンにも気に入って頂ける作品だと思います。1曲1曲が丁寧に創られており、全曲シングルカットしても通用するものになっています。XTCの快進撃の真っただ中にある作品でありますが、この後少し私的な事情により活動は停止してしまいます。それでも90年代というデジタルな時代に英国の片田舎の田園風景を想わせる美しい情景は心を暖めてくれる良質な作品となっております。時代を超越した永遠の名作であります。

Disappointed

That Wave

Books Are Burning

[20061102]

Oranges & Lemons Oranges & Lemons
XTC (2001/06/11)
Virgin
この商品の詳細を見る


前作のトッドのプロデュースの不満を抱いてたアンディーが、早急に納得のいくアルバムを出したのがこのアルバムです。早急に出して這いますが、その内容、充実度などこれまでのXTCのアルバムの中でも最高の仕上がりになっています。中期XTCの音楽性に素直なメロディーを乗せる事により、前作に負けないくらいポップなアルバムになっています。しかし、プログレ的な凝ったサウンドになっている為、XTCらしさは損なわれておりません。従来のファンも新しいファンも納得の作品に仕上がっています。これがXTCの最高傑作だと私は思っています。プロデュースはジョンフォックスです。

1. Garden of Earthly Delights
2. Mayor of Simpleton
3. King for a Day
4. Here Comes President Kill Again
5. Loving
6. Poor Skeleton Steps Out
7. One of the Millions
8. Scarecrow People
9. Merely a Man
10. Cynical Days
11. Across This Antheap
12. Hold Me My Daddy
13. Pink Thing
14. Miniature Sun
15. Chalkhills and Children

このアルバムが発売された頃はちょうどアナログ盤からCDへの変換時期なため、アルバムの容量としてはCDたっぷり分の曲が用意されています。その為アナログ盤は2枚組だったのですが、私は当時まだCDへの移行に抵抗があり、アナログ盤で購入しました。CDでしか手に入らないアルバムなんかが出回るようになって、やっとCDへの移行を決意した次第です。全15曲もありながら、全ての曲が素晴らしい内容になっています。どれをとっても無駄が無い素晴らしいアルバムです。

トッドには採用されなかったXTC流のポップソングがこれでもかと展開されております。それでもスカイラーキングにも負けない内容であるのはさすがというしかありません。この時期の彼等は本当に油が乗り切っていたのです。当時これだけの充実した内容のでブリットポップ作品はありませんでした。孤高なくらいの存在だった訳ですが、後に始まるブリットポップの流行によりXTCの業績も評価されるようになりました。ジャズ的な要素もありかなりバリエーションのある内容になっていますが、決して難解には聴こえません。サンプリングも使っていますが、アナログな響きにしているところは流石です。

ライブ活動を止めていたXTCですがMYVにてアコースティックライブを行っており、動画でもその模様をご覧頂く事が出来ます。これがアコースティックライブの走りとなっております。それに対してアンディーがVJをしている内容もご覧頂けます。彼の物真似が理解出来ればかなりの爆笑ものです。ここまでくれば、もはやビートルズやビーチボーイズの比喩は必要ありません。ここにあるのはXTCでしか成しえない極上のポップソング集なのです。独特のコードボイシングなどは耳コピーでは難しいものですが、このアルバムをコピー出来ればかなりのバリエーションを手に入れられる事になります。最高の名盤として私は受け止めております。

Garden of Earthly Delights
⇒ 続きを読む

[20061101]

Skylarking Skylarking
XTC (2001/06/11)
Virgin
この商品の詳細を見る


ザデューク~でサイケの心地良さを再確認したXTCが、XTC流にサイケを消化するとどうなるかという証明をしてみせた名盤になります。プロデューサーは音の魔術師トッドラングレン。思いっきりトッドのオーヴァープロデュースになっていますが、その心地良さは格別です。そのためXTCのアルバムの中でも一番ポップで聴き易い作品となりました。トッドに関係なく彼等が創り出した曲も素直なくらいに美しいメロディーになっています。ザデューク~を聴いていたトッドは、こんな感じはOKなのだと判断し、とてもビートルズライクな作品に仕上がりました。

しかし、トッドは歌詞も重視しますが、歌詞よりも音楽に重きを置いているため、曲によっては曲のヴァースを入れ替えたり、省いたりして曲の完成度を挙げています。それがアンディーパートリッジの逆鱗に触れます。彼には伝えたいメッセージがあり、その順番を入れ替えられたり省かれるという事は許されない事なのです。これだけポップになってもまだパンクスとしての精神は保っていたのですね。その為、これだけすばらしい作品なのにメンバーからはくそみそにけなされてしまいます。

1. Summer's Cauldron
2. Grass
3. Meeting Place
4. That's Really Super, Supergirl
5. Ballet for a Rainy Day
6. 1000 Umbrellas
7. Season Cycle
8. Earn Enough for Us
9. Big Day
10. Another Satellite
11. Mermaid Smiled
12. Man Who Sailed Around His Soul
13. Dying
14. Sacrificial Bonfire
15. Dear God

いきさつはどうあれ、まぎれもなく名作なのであります。これほど美しいメロディーを全曲が持っている作品も珍しいです。そしてトッドによるところが多いアレンジも音数が少ないながらも音絵巻のようにめまぐるしい展開は素晴らしいものです。出だしの鳥や虫の鳴き声はシンセで創られいるので効果音ではなく、音楽として存在しております。シンセによるシーケンスもトッドのセンスなのでしょうが、機械的にはならずスーパーナチュラルなのであります。心地よし。

他のアルバムは何回も聴き込まなければ親しめないような曲もありましたが、このアルバムは全曲一聴して好きになれるはずです。それでいて何回聴いても飽きない構成力も持っています。正に理想的なくらいに良く仕上がっている訳であります。ブリットポップという言葉さえなかった時期にブリットポップの金字塔を打ち立てたとさえ言えます。ファルセットを使うアンディーなんか泣かせます。シングルだけだったDear Godも入って完璧です。ママーが分からないファンはファンではありませんが、この作品を素直に受け止められない者もファンではないでしょう。XTCらしさは少しも失われておりません。それでいて一般の人にも訴えられる内容を持った名盤なのであります。

Grass

Dear God

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ