アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る


お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20180220]

Unmasked
(1998/07/14)
Wolf Colony

商品詳細を見る


ニューヨークを拠点に活動するエレクトロデュオ Wolf Colonyの2015年のファーストアルバムです。現在はまだこの1枚のみになります。自主制作でダウンロード販売になっていますが、PVも作ったりと、お金を持っていなわけではないようです。スタイルはシンセポップであり、80年代から90年代っぽい感じなので、控えめに自主制作しているのでしょうか。

1. The One
2. Youth
3. Beauty
4. Paradise
5. Calling
6. Pleasure
7. Holy
8. Dark & Moody
9. The Otherside
10. Brown Eyes
11. Run
12. Fame
13. In Your Eyes

曲の完成度でいったら昔のメジャー級の出来栄えであり、レーベル契約も不可能ではないと思いますが、予定調和な感じであまり冒険をしていませんので、インディーズとしては弱いのかもしれません。シンセポップ、ポストパンクとしては定番、あるべきところにあるべきアレンジが施されていますので、物足りなさは感じません。しかし古臭いのか。

昔の焼き直しに過ぎない感があります。それでも音源は最新の機材を使っているので音は良いです。テクノポップと言われていた時代のイギリスの陰りのある感じも再現しています。ただ曲数が多いのに全て似通った感じであるのはきついかもしれません。よく言えば統一感はあります。レトロ、リバイバルな感じも最近は多くなっています。

The One
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20180210]

Willow Peak
(1998/07/14)
Wet Wings

商品詳細を見る


2014年の作品で現在までの最新作になります。ミニアルバムでダウンロード販売のみになっています。ずっとCDという形態にこだわっていません。これからはそうなっていくのかもしれません。独自のポップワールドを構築しており、もはやビーチボーイズの影は見当たりません。電子音と生楽器のバランスも良くなっています。

1. Willow Peak
2. Sea Snake
3. Mother of a Life
4. Still Water
5. Your Hands
6. Brute

様々な音楽要素を吸収して独自の世界を作り出しています。ポップで曲も良く、ノリもいいので売れる要素は沢山ありますが、まだまだダウンロード販売だけでは苦戦しているようです。タイップとか売り方も工夫しないと難しいのは今も昔も同じかもしれません。それだけ音楽を発信している数が多くなっていますから、抜き出るのは至難の技です。

完成度も密度も高くなっていますし、もう少し野心的に活動した方がいいのかもしれませんが、それだとこのほのぼのとした感じも失われるのでしょうか。どうしても商売としての性質を持っている業界ですが、ミュージシャンが商売人になってしまったら面白い作品は生まれません。それはスタッフの仕事でしょうし、芸術と商売の両立はいつまでも続くジレンマかもしれません。

Your Hands
⇒ 続きを読む

[20180209]

Glory Glory
(1998/07/14)
Wet Wings

商品詳細を見る


2011年の作品で初のフルアルバムになります。これもカセット販売やビニール盤での販売とダウンロード販売になっています。インディーズでもCD販売しないところが増えています。LucyとDarianの男女デュオでありますが、今回はビーチボーイズにはこだわらずにソフトロックしています。それでも海のイメージがあります。

1. Feeel It
2. You're Not
3. Stockholm
4. Super Happy
5. Witching Hour
6. Stay Inside
7. Last Day Of Summer
8. Crowne Plaza
9. We've Lost Her
10. A Terrible Thing
11. Grace

サンプラーやデジタルレコーディングの特徴を活かした編集。普通にポップスとして終わらず、エフェクティヴな処理など、スマイル辺りの影響が伺えます。しかし、デジタル処理されていますから現代的ですし、少しオルタナ感じの曲もあります。今回多いのがBPMを無作為に変えたりする事です。それにより単なるポップスではない印象になります。

生演奏感を印象づける事も出来るでしょうが、あえてデジタル処理している感を出してビーチボーイズの時代とは違う事を強調しているようにも感じます。だからBPMの変化も滑らかでなく唐突な感じになっています。これもひねくれポップでありますが、メロウでドリーミーなサウンドはひねくれている事を忘れさせてくれます。ファンタジーなのでしょう。

Feeel It
⇒ 続きを読む

[20180208]

Skin to Soil
(1998/07/14)
Wet Wings

商品詳細を見る


ニュージーランドの男女デュオWet Wingsの2010年のファーストミニアルバムになります。当初はカセットのみの販売でしたが、その後無料でダウンロードも出来るようになっています。ビーチボーイズのようなコーラスを聴かせるようなポップな曲調。打ち込みも生演奏もバランス良くミックスしています。

1. Beach Party
2. Whisper Always
3. Keep It Together
4. On A Journey
5. Sleep Tight
6. Running Like A Man

カラフルな60年代ポップスを現代的に再構築しようなアレンジ。ラップトップによるビーチボーイズの再現。ブライアンウィルソンほど突き詰めてはいませんから気楽に聴く事が出来ます。しかし、その手法は受け継いでいます。テープ編集ではなくラップトップによる編集ですから、そこは気楽に出来るというものです。

男女でのコーラスワークはかなりビーチボーイズっぽい感じになっています。二人なので重厚な感じにはなりませんから、そこが気楽な感じがします。ニュージーランドはオーストラリアの影響を受け易いものですが、最近は全く関係のない感じのアーティストが出てきます。テクノ感は全くありませんから、ソフトロックファンには好まれると思います。

Beach Party
⇒ 続きを読む

[20180109]

Even the Stars Are a Mess
(1998/07/14)
Whitley

商品詳細を見る


2013年のアルバムで現在までの最新作になります。フォーク、カントリーをベースにしながらポップな曲調になってきましたが、ポップベースにもこだわらなくなってきて、より曲の完成度を目指し、プログレッシブなアレンジになってきました。そうなると、声の質や歌い方がピーターガブリエルっぽい事に気づきます。

1. The Ballad Of Terence McKenna
2. TV
3. My Heart Is Not A Machine
4. Final Words
5. Roadside
6. OK
7. Alone Never Alone
8. Pride
9. I Am Not A Rock

ピーターガブリエルよりはシンプルで、アクも強くありませんから、雰囲気はありつつも聴きやすい音楽になっていると思います。難しい事をやろうというところは全く無く、シンプルな事を基本に、ドラマティックに盛り上げる為に音を重ねていくという手法だと思います。その盛り上げ方にはこだわりは無く、あくまでも曲によって導かれたスタイルになっています。

打ち込みは少なく、すべて自分で生演奏した多重録音になっています。欲を出しすぎると複雑な演奏も披露しがちですが、それはあえて止めて、曲の完成度だけを重視しているので、とても自然で聴きやすい音楽になっています。もっと複雑にする事も出来たと思いますが、そうしないというのもセンスだと思います。

The Ballad Of Terence McKenna
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ