アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、muzie と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
muzie SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 muzie SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20160830]

Re-Cod3d
(1998/07/14)
Valravn

商品詳細を見る


2011年のアルバムです。これまで発表してきたリミックスアルバムになっていますが、これが最後の作品になっています。他のアーティストに委ねたリミックスばかりですからテクノ色が強くなっています。ほぼアコースティックな楽器が電子音に挿げ替えられています。Annaの歌声だけが使用されているような状態ですが、彼女の歌声だけでもトラッドな雰囲気を伝えることが出来ています。

1. Koder På Snor (ORKA Remix)
2. Kelling (Midi Lidi Remix)
3. Farin Uttan At Verda Vekk (Carmen Rizzo Remix)
5. Marsk (Pawel Rychert (Pchelki) Remix)
6. Seersken (Transglobal Underground Remix)
7. Under Bølgen Blå (Søren Bendixen Remix)
8. Kraka (The Kenneth Bager Experience Remix)
9. Sjón (Euzen Remake)
10. Koder På Snor (Faun Remix)

トラッドフォーク色を持ったエレクトロニカ、つまりはフォークトロニカ色が強くなっています。このバンドの特色だったアコースティック楽器をデジタルプログラミングと対等に演奏するという圧倒的な演奏力が全面に出ていないので、彼らの個性が消されたような感じになっていますが、歌だけでもその雰囲気を補えるくらい曲の完成度が高いのだと思います。

問題はこれ以降作品がリリースされていない事です。こんなすごいバンドが気持ちよく活動できない環境ってどうなんでしょう。2013年にバンドは解散しています。凄い実力者が集まって結成されたバンドでしたから、知名度は低くてもスーパーバンドだったのです。スーパーバンドは短命でありますが、もっともっと面白い事が出来る可能性を秘めたバンドだっただけに勿体無いことだと思います。こんな凄いバンドはしっかりマネージメントされて運用されていくべきだと思います。ある意味世界遺産のように保護されるべきでしょう。

Koder På Snor (ORKA Remix)
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20160829]

Koder på snor
(1998/07/14)
Valravn

商品詳細を見る


2009年のアルバムです。完成度はより増しています。歌もコーラスワークを駆使するようになり、トラッドフォークをより壮大なスケールで表現しています。デジタルプログラミングの占める割合も多いのですが、テクノというよりプログレ感覚で演奏されているので聴き応えがあります。演奏も歌唱力も並外れてズバ抜けていますのでプログラミングと互角に存在する生演奏の部分にも圧倒されます。

1. Koder Pa Snor (Codes on Strings)
2. Kelling (Hag)
3. Sjon (Vision)
4. Kraka (name of the person)
5. Seersken (The seeress)
6. Fuglar (Birds)
7. Kroppar (Bodies)
8. Lysabild (name of a village)
9. Farin Uttan At Verda Vekk (Gone without being away)

ロック第三国から発信されているのでインディーズのような扱いですが、今、世界中探してもこれだけの実力を持ったバンドは存在しないんじゃないかとさえ思えてくるぐらいプロフェッショナル感があります。デジタルの部分もこけ脅しではなく、しっかりと曲の重要な役割を成しています。伝統音楽の中でも違和感なく存在させるセンスは恐れ入ります。テクノ感覚も持ちながらトラッド感覚もあるプログラミングになっています。

演奏面もズバ抜けているのにAnnaという天才的なボーカリストも実力を遺憾なく発揮しています。バンドとしてはこれ以上ないくらいに充実したバンドであります。それなのにまだまだ知名度が低すぎます。音楽的にも自分達のスタイルをしっかり確立させていますので、世界中で認められるべきバンドでありますが、知名度を上げるにはヒット曲が必要でしょうか。英語で歌っていないのもハンディになっているのかもしれませんが、英語じゃなくても十分説得力も存在感もある歌であります。

Koder Pa Snor
⇒ 続きを読む

[20160828]

Valravn
(1998/07/14)
Valravn

商品詳細を見る


スコットランド北方に位置するデンマーク領フェロー諸島出身のメンバーで結成されたValravn2007年のファーストアルバムです。北欧のトラッドフォークをベースにエレクトロサウンドも含めたスタイルになっています。ビョークの雰囲気に似ていますが、もっと力強い感じがします。メンバーは女性ボーカルのAnna Katrin Egilstrod、ヴィオラのMartin Seeberg: flutes、マンドリン等のSoren Hammerlund、パーカッションのJuan Pino: davul、そしてキーボードのChristopher Juulの5人組です。

1. Hedebys
2. Drømte Mig En drøm
3. Krummi
4. Svend i Rosengaard
5. Marsk
6. Vallevan
7. Under Bølgen Blå
8. Ólavur Riddararós
9. Kom Alle Væsener
10. Bialowieska
11. Harra Pætur og Elinborg

ケルトよりも幅広い地域に根付いている北欧の伝統的な音楽をデジタルアレンジでエモーショナルに演奏し、ライブでは演劇的なパフォーマンスで表現していきます。アコースティックな伝統楽器にデジタルサウンドということでフォークトロニカ的でありますが、デジタルサウンドは曲にメリハリをつけるために施されていて、デジタルだけに頼ったものではありませんが、全体的にデジタル処理によるクリアなサウンドになっています。

とてもインディーズでのレベルとは思えないプロフェッショナルな演奏力は、メンバーそれぞれがかなりの実力者であり、その強者達を見事に束ねてまとめ上げたプロデュース力もメジャー級の完成度であります。楽器の特徴的な音色を熟知したフレージング、それを振り分けてサンプリング音もちりばめられたアレンジセンスは見事なものです。ロックしか知らないミュージシャンには到底出来ないものであり、それに加えてロック的な表現方法も心得ています。こういう強者がまだまだ世界には埋もれているのですね。

Hedebys
⇒ 続きを読む

[20140720]

Rock \'n\' Roll GypsiesRock \'n\' Roll Gypsies
(2004/03/09)
Vinegar Joe

商品詳細を見る


72年のセカンドアルバムです。ギターにJim Mullenが加わり、ドラムは John WoodsとKeef Hartleyで、パーカッションにKeef Hartleyが参加しています。キーボードはMike Deaconで、多少メンバーは変更されています。その為、サウンドは少し変わっています。ファーストではサザンロックのノリの中にプログレのようなシンセが絡んでいたりしていましたが、ロックンロール色が強くなっています。

1. So Long
2. Charley's Horse
3. Rock N Roll Gypsies
4. Falling
5. It's Getting To The Point
6. Whole Lotta Shakin (Goin On)
7. Buddy Can You Spare Me A Line
8. Angel
9. No One Ever Do
10. Forgive Us

Robert Palmerのボーカルはソウルフルですが、ロックな歌い方になるとポールロジャースを思わせる所があります。声の質が似ているのです。イギリスではハードロックからグラムロックが人気になっていた事もあり、ロック色を強くしていったのでしょうが、どちらかというとストーンズのようなノリであり、それはとてもかっこいいのですが、当時の流行に乗る事は出来ませんでした。ジャケットのようにティナターナーのようなエンターテイメントを演出していればもっと話題になっていたかもしれません。

Elkie Brooksのボーカルは常にビブラートがかかっていますが、シャウトするとまるでサックスがブロウするように声と言うより楽器の領域に入っていきます。人間離れしているのです。この絶世のボーカリストをもっと世に出すような演出があれば良かったと思いますが、そこまでのバックアップが出来ていませんでした。三拍子のバラードではまるでジャニスのようでもあり、ロックファンをしびれさせるだけの魅力を秘めています。サザンロックも流行っていましたが、いろんな要素を持っているので、的が絞れていなかったのかもしれません。それでもこのエネルギーはロックに必要な要素であり、それだけの力を持ってルバンドだったと思います。名盤です。

So Long
⇒ 続きを読む

[20140720]

Vinegar JoeVinegar Joe
(2008/08/18)
Vinegar Joe

商品詳細を見る


ソウルファンクバンドのVinegar Joeの72年のファーストアルバムです。このバンドは当時の日本ではほとんど話題になっていませんが、Robert Palmerが在籍していたバンドとして、今では再評価されています。元々はDada というバンド名で活動していましたが、Robert Palmerが参加したあたりからVinegar Joeへ変更しています。イギリスのバンドですが、当時ブルーアイドソウルが少し流行っていて、白人によるソウルバンドとして活動していました。

1. Rusty Red Armour
2. Early Monday Morning
3. Ride Me Easy Rider
4. Circles
5. Leg Up
6. See the World (Through My Eyes)
7. Never Met a Dog (That Took to Me)
8. Avinu Malkenu
9. Gettin' Out
10. Live a Little, Get Somewhere
11. Speed Queen of Ventura

Robert Palmerはサイドボーカルであり、主役のリードボーカルはElkie Brooks嬢であり、この人のパワフルなダイナマイトソウルな歌が目玉です。メンバーはボーカルのElkie BrooksとRobert Palmer、ギターがPete Gage、ベースがSteve York、ドラムがRob Tait、キーボードがTim Hinkley になっています。当時のイギリスではソウルミュージックをやるバンドがいくつかありましたが、どれも時期が早過ぎた為か、成功していません。ソウルミュージックやファンクがロックファンにも浸透するのは80年代を待たなければなりませんでした。

ですから報われていないバンドではありますが、その音楽性は現在でも通用するようなパワフルでエネルギッシュなものであり、熱いバンドが少なくなっている今こそ再評価されるべきバンドだと思います。Robert Palmerも既にソウルフルな歌を聴かせていますが、それでもElkie Brooksの存在感には負けてしまうので、サイドボーカルに甘んじています。それほどElkie Brooksの歌はずば抜けているのです。それだけ才能が集結していたバンドであり、演奏もかっこいいです。名盤ですね。

Rusty Red Armour
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
複合検索
1:fc2のブログ内検索
2:外部からこのブログ内を検索
3:WEB全体を検索
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ