アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る


お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20171014]

Winter In The Room
(1998/07/14)
Tazio & Boy

商品詳細を見る


2011年のアルバムで、これ以降は続いていないので最後の作品になっているようです。海のそばの自宅で録音されているようで、雰囲気はこれまでと変わりはありませんが、しっかりとミキシングされていて、デジタルサウンドも邪魔にならない程度で使われており、エフェクト処理も本格的になっています。そうなってくると宅録だろうが問題無いレベルに仕上がってきます。

1. No Birds
2. Winter In The Room
3. When The Summer Ends
4. Sad Old Photograph
5. Where Are Our Dead Dear's Flowers Gone
6. Lonely River
7. We Would Never Get Home
8. Asunder
9. These Three Chords
10. Asli
11. Isolation
12. Slow Me Down
13. The Way Home
14. Gerry
15. Little Stones

気だるい感じの雰囲気もアレンジがしっかり固まってくると、もっとラフにやっても問題無いくらい、いやもっとラフにやらないとこれまでのスタイルと違ってきます。そこは彼らも分かっているようで過渡にならない程度で止めています。しかし、もっと進化しなければならないという思いもあるようで、その微妙な感じが現れている作品になっていると思います。その道筋が見えていればもっと続いていたかもしれません。

曲の作り方も熟成されてきているので、これからが期待されるような内容になっていますが、男女デュオの場合、感情的な衝突もありますし、続けるのは難しい部分もあります。音楽的なパートナーに徹していられればいつまでも続けれられと思いますが、そこは難しいところでもあります。割と似た者同士の二人だと思われるのですが、そこまで詮索するのも野暮というものでしょう。出来上がった音楽が素晴らしければ、私生活がドロドロしていても大した問題ではないというのが私の持論です。

No Birds
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20171013]

Note-Book
(1998/07/14)
Tazio & Boy

商品詳細を見る


フランスの男女デュオTazio & Boyの2007年のファーストアルバムです。すでにフランスでは4枚のアルバムをリリースしていて、その中から気に入っている曲を集めて構成されています。英語で歌われていて、センチメンタルなフォークソングになっています。二人で演奏して、二人で歌っています。デジタルなサウンドはありません。

1. Chimes
2. Cute Song For May
3. Just Another Word For
4. Memory Pages
5. Until October Comes Back
6. Houses And Roads
7. Sylvia
8. Zen Interlude
9. Sailor
10. All My Friends Hate November
11. Complaint
12. Two Weeks In September
13. Blissful Days
14. The Weather
15. In The Cup
16. Watch Out
17. An Arrow In The Brain
18. Ciedito Lindo

男性がTazioで女性がBoyのようです。本名は公表されていません。二人とも気だるい感じで歌っています。男性ボーカルが気だるいウィスパーボイスの場合、女性ボーカルはハイトーンでしっかり歌ったほうが構成的にはいいのですが、二人とも同じような感じで歌っています。雰囲気としては統一されていますが、男女で歌い分ける意味がよくわかりません。

クィーンの初期の頃のようなセンチメンタルな曲があったりしますが、気だるい感じで歌っているので同じ印象は受けないと思います。どちらかというとルーリードでしょうか。とてもヨーロッパ的な退廃的な雰囲気を持っています。少しだけでもエレクトリックな感じが加わればもっと注目されると思いますが、それがない方がいい感じの雰囲気が保たれていると思います。

Just Another Word For

[20170921]

8AM
(1998/07/14)
Teengirl Fantasy

商品詳細を見る


2017年のアルバムで現在までの最新作になります。やっていることは同じですが、さすがにここまでくるとお金もありますから、新しい機材を揃えているようで音源も新しくなっています。音源が新しくなっただけで印象が全く違ってきます。マルチ音源ですから、音源だけで独自の動きを持っています。ですからレトロな感じを演出しても古臭く感じません。

1. Glare
2. Crash Soft
3. Telepaths
4. We Out
5. It Was Already Light Out
6. Where I Went
7. All Of The Time
8. Star-rise
9. Don't
10. Seeds
11. En Route
12. Wet Eyes & Exhilaration

サンプラーの使い方は相変わらず古臭いですが、エフェクトも最新になっていますので古臭さをカバーしきれています。今までは持っている機材をいじくり回していましたが、さすがに新しい機材はまだいじくりきれていないみたいで、余力を残している感じがします。その分聴く方は楽な気持ちで聴くことができます。

余力を残しているということは、今後さらに進化する事が期待出来るでしょう。最近の機材は使い尽くせないほどの機能を備えていますから、能力以上の使い方をしているミュージシャンって、まだお目にかかっていません。音楽的にそこまでする必要が無いからです。でもこの二人はやってくれそうな気がします。そしたらもうレトロなんて気にしている場合じゃ無くなるでしょう。そうなってから私は楽しめると思います。

Star-rise
⇒ 続きを読む

[20170920]

Tracer
(1998/07/14)
Teengirl Fantasy

商品詳細を見る


2012年のアルバムです。テクノ、ハウスの手法を継承しながらも、今回はゲストミュージシャンとのコラボレートが楽しめます。二人だけでやるときはインストものですが、ゲストに歌わせることで躍動感も加えることに成功しています。サンプラーも多用するようになっていますが、80年代的なサウンド、使用法によりレトロな雰囲気が満載です。

1. Orbit
2. EFX (feat. Kelela)
3. Eternal
4. Pyjama (feat. Panda Bear)
5. Mist of Time (feat. Laurel Halo)
6. End
7. Vector Spray
8. Inca
9. Do It (feat. Romanthony)
10. Timeline

サウンドはかなり古めかしいものになっていますが、一回りして現在では新鮮に聴こえるのかもしれません。さすがに昔よりもテクノロジーは進化していますので、細部にまでこだわったアレンジになっています。今ではかなり容易に再現出来るスタイルだと思います。既存のループを組み合わせるだけでも作れるような音楽です。

レトロなサウンドばかりですが、打ち込み、ミキシングに力が入っており、見せ場は沢山あります。それに歌が加わっていますので、よりコマーシャルな作りになっています。いつも部屋にこもってシンセをいじり倒しているようなイメージを受けるくらい、レトロながらも昔のものより凝ったものになっています。それにしても新鮮に聴こえるサウンドが一つもないというのは、私としては聴き続けるのは辛いです。

EFX
⇒ 続きを読む

[20170919]

7 AM
(1998/07/14)
Teengirl Fantasy

商品詳細を見る


アメリカのエレクトロニックデュオTeengirl Fantasyの2010年のファーストアルバムです。メンバーはLogan TakahashiとNick Weissの二人。大学で知り合った二人が作り出した完全なエレクトロサウンドで、このアルバムではシンセサウンドのみで構成されていますが、ターンテーブルを使っている曲もあります。ヨーロッパ系のダンスミュージック的でもあります。

1. Vibes
2. In An Arena
3. In The Rain
4. Make The Move
5. Floor To Floor
6. Forever The Feeling
7. Dancing In Slow Motion
8. Koi Pond
9. Cheaters

アメリカのメジャーで拾われるのはヒップホップ系だったりしますので、アメリカ的とは言いにくいですが、インディーズにはそんな事お構いなしで好きな事をやっているのが沢山いたりします。オタク系もヨーロッパが多い印象ですが、アメリカでも水面下ではうようよいる訳です。ですからユーロ系のダンスミュージックをやっていても不思議ではありません。

この時期にこのサウンドというのも勇気がいる事だと思います。でも好きならしょうがない。レトロな感じでもダンスミュージックなら需要があります。ラップトップミュージックを始めたばかりならうってつけのスタイルでもあります。ダンス系のシンセ音源やサンプリング音源は山ほど用意されていますから、プリセット音源そのままでも作れる音楽です。そこで何をやるかが問題になってきますが、彼らはまず素直にエレクトロダンスミュージックを作り出しています。

Vibes
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ