アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、muzie と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
muzie SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 muzie SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20170614]

My Ghost Comes Back
(1998/07/14)
Tujiko Noriko

商品詳細を見る


2014年の作品で現在までの最新作です。久しぶりのソロ作品になります。ソロではダンス系のビートは出てこなくなりますが、これまでと違うのはエレクトロなサウンドは使うようになります。レトロなシンセサウンドもありますが、割と新しめ系のサウンドもミックスされています。

1. My Heart Isn't Only Mine
2. Land Next To Me
3. Give Me Your Hands
4. Minty You
5. Through The Rain
6. 12 Moons
7. Under The White Sheets
8. Yellow Of You
9. My Ghost Comes Back

今回は幽霊がテーマなので、そういうサウンドで統一されています。これまで同様、ソロアルバムではコンセプトなテーマでアルバムを作っています。ゲストも複数参加していて、生弦楽器などの生演奏とエレクトロニクスという事である意味フォークトロニカですが、ゴーストをテーマにした童謡のようでもあります。

エレクトロサウンドの作り方も進化しています。これまでのコラボレートが無駄ではなかったと思います。和なサウンドの雰囲気ですが、エレクトロサウンドが卓越してきているので洋風な雰囲気もあります。歌声も使い分けてのコーラスアレンジもセンスが良くなっています。ここにきてやっとエレクトロの歌姫という称号にふさわしい感じになってきました。

My Heart Isn't Only Mine
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20170613]

East Facing Balcony
(1998/07/14)
Tujiko Noriko + Nobukazu Takemura

商品詳細を見る


2012年のアルバムです。Tujiko Norikoはパリを拠点に活動するようになっており、ベルリンに在住している竹村延和とのコラボレートになっています。レトロな雰囲気の音源を使ったエレクトロサウンドになっています。Tujiko Norikoはじめて英語で歌った曲もあり、新境地を拓こうとしていますが、イントネーションはいつもの日本語的な歌い方なので英語で歌う意味が分かりません。

1. Kirei
2. Simple Day
3. Far Away From Pajama Days
4. Papa All Over The World
5. Outside Of The Picture
6. Wistaria
7. Before The Night Ends

アコースティックな楽器の音源とフンワカしたエレクトロサウンドのフォークトロニカになっています。サンプリングを駆使したフォークトロニカは、一般のポップスに比べると独特のイントネーションを作り出していますので、音楽としては訛っているとも言えます。日本語で歌うTujiko Norikoも海外の人からすれば訛っている不思議な音楽に聴こえるはずです。

英語で歌っている曲でも、英語の発音は上手いわけではないので、まず英語に聞こえないでしょうし、聞こえたとしてもかなり訛りの強い英語だと感じる事でしょう。それが堂々とエレクトロニカとして、フォークトロニカとして発音しているわけですからかなり個性的に聴こえると思います。そして海外で制作されているにもかかわらず、とても日本的な雰囲気を持った作品だと思います。日本という看板を背負った二人のミュージシャンのコラボレートになっています。

Simple Day
⇒ 続きを読む

[20170612]

GYU
(1998/07/14)
Tyme. x Tujiko

商品詳細を見る


2011年のアルバムです。日本のバンドMASのヤマダタツヤのソロ名義Tyme. とのコラボレート作品です。アナログ盤では2枚組の大容量です。軽快なエレクトロニクスはユーロビートやアシッドジャズっぽいセンスの良いアレンジになっています。Tujiko Norikoだけでは作り出せない世界、今までにないくらい彼女の歌にも抑揚が生まれています。

1. あけて、あけて Akete, Akete
2. ギュンギュン Gyungyun
3. トロピックペンギン Tropic Penguin
4. ハート凍らせて Heart Koorasete
5. 神様のバケーション Vacation Of God
6. 泉より From A Spring
7. ゴールデンハート Golden Heart
8. 点と線 Ten To Sen
9. スローモーション Slow Motion
10. 忘れない光 Unforgettable Light
11. 世界 World

二人で曲を作っていますが、曲によってどちらが主導権を握っているかファンならよく分かると思います。テクノポップ感覚のTujikoには無かったファンク感覚をTyme.が持ち込んでいるので、初めて体を揺らして踊りたくなるような曲調になっています。明るいダンスミュージックでTujikoが歌うなんて想像もしていなかったので、とても新鮮です。

歌詞の作り方はいつものように段切り口調ですが、抑揚が生まれているのでメロディーとしての流れを持ったかっこいい歌になっています。ずっとこのスタイルならもっと知名度も上がったと思いますが、かといってTujikoの個性が消されているわけではありません。ちゃんとTujiko Norikoのカラーも出しながらの化学変化であります。日本人二人の作品ですが、とてつもなくヨーロッパ的であります。そして日本語で歌うはTujiko Norikoは私から見れば英雄です。

Full Album
⇒ 続きを読む

[20170611]

U
(1998/07/14)
Tujiko Noriko, Lawrence English & John Chantler

商品詳細を見る


2008年の作品です。イギリスのLawrence Englishとfor barry rayのJohn Chantlerとのコラボレート作品になっています。エレクトロニカとバンドスタイルでの演奏。アンビエントな雰囲気もあり、これまでになかったようなスタイルを構築しています。海外のアーティストとのコラボレートが続きますが、それでも日本語で歌うTujiko Norikoは好感が持てます。

1. 12 O'Clock On The Highway
2. Hyouga
3. I Can Hear The Heart
4. Make Me Your Private Party
5. Ising
6. Today The Scene Is Yours
7. The Sky And Us, 2 Girls
8. Papergirl

英語で歌う事も出来るでしょうが、海外に向けても日本語での歌を聴かせる。これは強制的に英語の歌を聞かされ続けてきた日本では痛快な事であります。今ではそれほどでもありませんが、昔は英語コンプレックスのようなものが洋楽ファンの中にはありました。海外に勝負に出る人はみんな英語で歌ったりして、アメリカに征服されたような文化が日本にはあったのです。

今はアニメの影響で日本語も海外ではもてはやされるようになりました。音楽的な影響は別として、日本語の歌を海外に発信出来て初めて世界的に認められるミュージシャンになれると私も信じてきました。私達が英語歌詞を見ながら曲を聴いていたように、海外の人に日本語歌詞を見ながら聴いてもらえるようになって初めて世界で成功したと言えると思っています。だから、未だに日本から海外で成功した人は、私の中では一人もいません。売れていないにしても、日本語での歌で勝負しているTujiko Norikoには敬意を払いたいと思います。

Hyouga
⇒ 続きを読む

[20170611]

Trust
(1998/07/14)
Tujiko Noriko

商品詳細を見る


2008年の作品です。前作SOLOのリミックスと新曲7曲を加えた構成になっています。他人の手にかかれば洗練された現代的なアレンジになりますが、新曲もそれに触発されたようなサウンドになっています。全くの新作だと思っていいくらい新鮮に聴こえます。彼女一人で作る場合は個性的で、それも良いですが、外部のブレインを取り入れる事でリフレッシュされます。

1. Pure
2. Opening
3. Magic (P.P.A. reconstruction)
4. 最後のキス (Hideki Ataka remix) Ending Kiss
5. 忘れない光 Wasurenai Hikari
6. Let Me See Your Face (aus remix)
7. 汚れた手の天使 Yogoreta Te No Tenshi
8. Gift (Damien Shingleton remix)
9. Goopiii
10. 雲の上の電話ボックス Kumo No Ue No Denwa Box
11. 中華レストランで (RdL remix) In A Chinese Restaurant
12. Ending Kiss (Damien Shingleton remix)
13. 中華レストランで (Tyme. remix) In A Chinese Restaurant
14. 運命 Unmei

ポップな曲が選択されているので、歌を中心としたシンセポップになっています。リミックスも歌の邪魔にならない程度に抑えながらも原曲とは違った雰囲気を作り出しています。アレンジ、雰囲気が変わるだけで彼女の歌がとてもチャーミングに聴こえます。それを自覚したのか、これ以降はコラボレート作品が連続していきます。

一人で作ると癖みたいなものがあるのかもしれません。ここでの新曲ではそんな癖は払拭されていますが、手癖みたいなものが出てくるのでしょう。彼女の個性を出しながらも手癖を抑える役目となれるコラボレートは良い化学反応となっていきます。エレクトロニカの歌姫というのは、これ以降に定着すべき称号です。

Full Album
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ