アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、muzie と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
muzie SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 muzie SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20161021]

Q & A
(1998/07/14)
Qua

商品詳細を見る


2010年のアルバムで、現在までの最新作になります。超絶ハイパーポップなドリルンベースになっています。ドリルンベースほど細かい分解はありませんが、イメージ的にドリルンベースなのです。どちらかというとハイスピードビッグビートなのですが、ビッグビートほど生易しいものではありません。それでいてポップだという恐ろしい作品です。

1. Lapsang Souchong
2. Ritmo Giallo
3. Circles
4. All Breath, No Body
5. Goodmorning Sun
6. Sun Down
7. Dance Of The Three Fours
8. The Lion's Flying Dream
9. Yes Sir, No Sir
10. Stars Align
11. The Magnificent Mister
12. Evening Bell

生演奏と止めども無いほどのサンプリングや電子音によるサウンドエスケープ。前作のミニアルバムでは実験的だったものが、ポップソングとして表現されていて、ジャズ的なテクノロジーと生演奏のジャムセッションを繰り広げているような緊張感をクールにポップにこなしている感じです。全体的にBPMが速めでものすごい疾走感があります。やっていることもマニアックなのにポップソングとして成り立っている。

ポップだと言っても全ての人が受け入れられるような生半可なものではありません。ポップなのに異常な雰囲気を感じます。普通では無い、かといって特別な事をやっているわけでは無い、それなのに、これまで経験してきた事の無いものに対面したような尋常の無さ、手が届きそうなポップな曲なのに届かないような特別感。これまでのテクノ、ポップスの領域を超えたような感覚を覚える名盤です。

Lapsang Souchong
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20161020]

Silver Red
(1998/07/14)
Qua

商品詳細を見る


2008年の作品でミニアルバムになっています。ライブで録音したピアノとギターの音やレコーディングされていたドラム音源などをlemurというタッチスクリーンで様々なソフトウェアをコントロールして、音楽を作れる機材に通し制作しています。コンピューターで作るというより、パッドコントロールのように触ってサンプリング音源を組み合わせていくような事をランダムに行っているのです。

1. Silver Red 1
2. Silver Red 2
3. Silver Red 3
4. One Second

フレーズサンプリングがランダムに組み合わされながらもビート感が統一されているので浮遊感と疾走感がエクスペリメントに表現されています。パソコンで組み合わせる事では生まれない偶発的な音楽をlemurは簡単に作り出せるようです。それに生ドラムやギター、ピアノなどを生演奏して完成させています。

まるでフリージャズロックのような雰囲気になっているのは、打ち込みを止めていた頃のSquarepusherの作品に似ています。偶発性と生演奏による緊張感。テクノロジーと本能がぶつかり合ったような、本来、現代音楽においてなされなければならい音楽の姿を浮き彫りにしていると思います。そして音楽的にも面白くて楽しめる内容になっているという奇跡。素晴らしい作品です。

Silver Red 2

[20161019]

Painting Monsters On Clouds
(1998/07/14)
Qua

商品詳細を見る


2004年のアルバムです。サンプリング音源の占める割合が多くなっています。アコースティック楽器などを実際に演奏した音源や様々な音源をサンプリングしてつなぎ合わせています。ちゃんと音楽として成り立っている音源をつなぎ合わせているので、きちんと作曲された趣旨に沿っていると思いますが、普通に生演奏したものとは違う感覚になっているところがフォークトロニカとしての趣旨に沿っていると思います。

1. Painting Monsters
2. On Clouds
3. Luckybuster
4. Devil Eyes
5. Night Sailing
6. Watercolour
7. Stranger Comforts Have Slipped By (Pt 1 & Pt 2)
8. Happy Domestika
9. Low Hanging Fruit
10. Output
11. Secret Space

前作ではシンセ音源をいじり倒していましたが、今回はサンプリング編集を凝りまくっています。フレーズサンプリングの配列で曲として成り立たせていますのでドラムンベースやドリルンベースのような雰囲気はありますが、90年代のそれとは違うものになっています。フォークトロニカと言う概念が入っただけで別のものになっていますので、フォークトロニカと言う考え方はテクノの歴史に大きなターニングポイントになっていると思います。

電子音もプリセットのものをそのまま使わないような所が好感が持てます。映像関係も手がけている人なのですが、音楽センスは専門でやっている人よりも鋭いと思います。サンプリング音源にしても電子音にっしても、その選択肢が並外れてクリエイティヴです。遊び感覚で音をつないでいるのではなく、非常に音楽的だという所が卓越しています。もっと広く名前が知れ渡るべき才能の持ち主だと思います。

Painting Monsters
⇒ 続きを読む

[20161018]

Forgetabout
(1998/07/14)
Qua

商品詳細を見る


オーストラリアのミュージシャンCornel Wilczekの一人プロジェクトQuaの2002年のファーストアルバムです。当初はオーストラリアとニュージーランドだけでリリースされていましたが、現在は世界的に流通しています。エレクトロニカに特化したサウンドですが、サンプリングやギターなどは生演奏されていてフォークトロニカな手法も使われています。

1. Little Branches & Little Birds
2. Monkey Sleep
3. Vienna
4. Broadcast
5. 800x600
6. Forgetabout
7. 8tk
8. Robot Unknown
9. Duet For Guitar And Fridge
10. Generating Set
11. Sys_Environment
12. The Air Is Thin In Here
13. Oneiric

ダークな雰囲気もありますが、軽めの音でポップでキュートな感じの音源を使っています。オーストラリアにしては珍しい音だと思いますが、今やフォークトロニカは世界中で共通言語となっているようです。特に日本なんかでも得意な分野になっています。どこの国にいてもベッドルームで完結できる音楽ですから、アイデアさえ持っていれば、世界中から発信できるのです。

そのほとんどがインディーズレーベルから発信されていて、メジャーで本格的なフォークトロニカのミュージシャンは出てきていませんが、ヒット曲のアレンジにそのスタイルがかなり影響してきています。電子音にしてもかなり細かいいじり方をしているので個性的なシンセサウンドが作られています。便利な世の中になって、ここまで凝った音を作り込むミュージシャンが減ってきていますが、この人は相当オタク度が強いようで、かなり時間をかけて丁寧にいじり倒しています。それでいてポップ、ファニーポップなエレクトロニクスです。

Sys_Environment

[20151120]

The Hermit
(1998/07/14)
Quicksilver Messenger Service

商品詳細を見る


2010年の作品です。現在までの最新作となっています。今回はバンド編成での演奏。ジャズのカバー曲も含むジャムセッションスタイルの演奏になっています。現在ではほとんど忘れ去られているバンドだけにローカルなライブで活動しています。そうした活動を続けながら新作をリリースするという地道な近況になっています。

1. NICA'S DREAM
2. SAMBA TRISTE/GREEN DOLPHIN STREET
3. VERA CRUZ INST
4. CANCION PARA DIOS
5. BOO-HOOIN
6. A NIGHT IN TUNISIA
7. SELLING MISS MURPHY
8. EL DORADO

ジャズやラテンの要素も含めたジャムセッションはこのバンド名に恥じないものになっています。ヒッピー世代の人にとっては年老いても楽しめる音楽になっていると思います。BGMとして気分を楽しむ音楽もあると思いますが、音楽に熱中していた頃を想い出し、時には音楽と面と向かって聴いてみるという時間があってもいいと思います。そうした大人の音楽になっています。

勿論若い人でも楽しめる内容になっています。流行りの音楽ではありませんが、なんでもありの時代、こういう音楽の選択肢があってもいいのではないでしょうか。ロックはいろんなものを吸収して増殖してきました。ジャズにしろ、ラテンにしろ、ロックの肉となり、血となるのです。やかましいだけがロックではありません。もっと精神的なものです。それが分かっているミュージシャンの音楽は年をとりません。

NICA'S DREAM

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
複合検索
1:fc2のブログ内検索
2:外部からこのブログ内を検索
3:WEB全体を検索
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ