アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る


お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20171022]

The Butterfly Dream
(1998/07/14)
Sa Dingding

商品詳細を見る


2015年の作品で現在までの最新作になります。エレクトロニクスな内容になっていますが、現在の中国での歌謡曲はこんな感じになっていますので、中国国内及びアジア周辺をターゲットに入れたものになっています。K-POPならぬC-POPはこのレベルまでになっています。中国の映画14 Bladesのテーマ曲を歌うなど、中国では国民的なシンガーになっています。

1. Ding Ding Sa
2. Swallows
3. Yin and Yang
4. Oriental Beauty
5. One Moment
6. Play
7. Peach Blossom Fairy
8. So I Have Heard
9. Origins of Sound
10. Good Luck Song

アコースティックギターが効果的に使われるネオアコっぽいアレンジが目立ちます。これもフォークトロニカ以降のポップス界では多く見られる手法で、フォークトロニカはインディーズで盛ていますが、メジャーにも少なからず影響を与えているのです。そこに民族楽器も加えるというのも珍しいものでは無くなってきています。ですからこのスタイルに甘んじるというのも保守的なC-POPでしかないのです。

歌声こそが彼女の個性であり、それを活かすアレンジも出来てはいますが、これで終わってしまっては宝の持ち腐れです。でも歌謡曲の範囲内であればこれでいいのかもしれません。中国にもインディーズというムーヴメントが起こればきっと凄いミュージシャンが出てくると思いますが、共産系でインディーズはあり得るのか分かりません。中国国内ではネットの制限もありますから、メジャーの音楽しか流通していないのかもしれませんし、そうであればこれ以上のものを期待してもしょうがないのかもしれません。

Swallows
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20171021]

The Coming Ones
(1998/07/14)
Sa Dingding

商品詳細を見る


2012年のアルバムです。アジアの民族音楽と西洋音楽との融合という課題がつきまとってしまう彼女ですが、歌唱面でその進化が現れています。アジア的な歌い方と西洋的な歌い方を使い分けるのではなく、どちらも同時に使いこなす驚異的な歌唱を身につけています。それでいてどちらかと言うと中国国内向けな内容になっています。

1. The Holy Sound of Love
2. Something Like a Shadow Is Following You
3. Capricorn
4. Peacock
5. The Fragrance of the Autumn Moon
6. Dedicated With Love
7. The Love in 2012
8. The Mystery of Time
9. The Fragments Are Singing
10. Walking Around the Mountain (feat. Paul Oakenfold)

中国語で歌う事で、それまで中国には無かったシンガーとしての実力を見せつける事は以前からありましたが、何億というリスナーが存在する中国のマーケットは、世界的に頑張らなくても十分な媒体であります。世界的にも通用する音楽を作っても、大きなヒットに結びつかないのなら、中国で大ヒットを出したほうがでかいはずです。そういう事であればこの内容で十分です。

世界的に知名度を上げていくには音が綺麗すぎると思います。西洋には内容な音を強調したアレンジで勝負した方が食いつきも良くなると思います。それだけの武器を持っているのに、綺麗な音に仕上げてしまう保守的なブレインは逆に仇になっているように感じます。かなり冒険もしているのですが、一昔前のサウンドですから新しい感性を持ったスタッフが必要だと思います。果たしてそんな人材が彼女のそばに現れるでしょうか。

Album sampler
⇒ 続きを読む

[20171021]

Harmony
(1998/07/14)
Sa Dingding

商品詳細を見る


2010年のアルバムです。前作はUniversal Musicからのリリースでしたが、今作はイギリスのWrasse Recordsからのリリースになります。プロデュースはMarius de Vriesで、参加しているミュージシャンも西洋人が多いです。民族系の演奏は中国系のミュージシャンです。サンスクリット語やチベット語で歌ったりしますが、今回は北京語が多くなっています。彼女が歌えばもはや言語はさほど重要では無くなってきます。

1. Ha Ha Li Li
2. Girl In a Green Dress
3. Hua
4. Pomegranate Woman
5. Blue Horse
6. Yun Yun Nan Nan
7. Xi Carnival
8. Little Tree/Big Tree
9. Lucky Day
10. Xi Ran Ning Po
11. Ha Ha Li Li (Paul Okenfold Remix)

海外資本で作られた音楽って感じがしますが、エスニックな要素のアイデアは彼女が与えていると思います。デモの段階で指定しているものが活かされていると思われます。まるでピッチシフトで加工されたような声質。中国独特の発声というか、インドやアジア、中東にも伝わる独特の発声は西洋の声楽を習得しているものには真似出来ないものです。西洋風にも歌う事も出来ますので、そのバエリエーションはオリエンタルで幻想的な雰囲気を生み出しています。

西洋的なアレンジが大半を占めているのでちょっと辟易気味になりますが、なんとか飽きずに聴けます。西洋系の楽器は随所随所で効果的に使った方が格好良くなると思いますが、世界的に売れようとする意志の方が強く出てしまっているところで、この中途半端なアレンジになってしまっているようです。このアレンジに慣れて、飽きて、熟れて洗練されていく先に彼女にしか出来ない音楽が待ち受けていると思いますので、まだその途上にあるような内容になっています。

Ha Ha Li Li
⇒ 続きを読む

[20171020]

Alive
(1998/07/14)
Sa Dingding

商品詳細を見る


中国の女性シンガー周鵬こと萨顶顶の2007年の世界をターゲットにしたファーストアルバムです。2001年に咚巴啦というアルバムを中国国内でリリースしていますが、世界にも通用するシンガーとして売り出したのはここからです。父方は漢民族ですが、母方はモンゴル系で、中国独特の節回しを持った歌唱、声質といい世界的にには衝撃的な個性を放っていると思います。

1. Mama Tian Na (Mantra)
2. Alive (Mantra)
3. Holy Incense (Tibet Version)
4. Oldster by Xilian River
5. Tuo Luo ni
6. Lagu Lagu
7. Flickering With Blossoms
8. Holy Incense (Chinese Version)
9. Alive (Chinese Version)
10. Qin Shang

モンゴルやチベット、少数民族の民族音楽の要素も含めた楽曲をエレクトロニカなアレンジで、世界的にも通用する作品に仕上げています。中国国内でも世界レベルの音楽を製作出来る環境は整っていて、そこは韓国の音楽シーンに似ています。その中でも個性を放つ事が出来る彼女は、アジアの民族的な音楽をポップソングとして世界の人にも聴きやすいアレンジに仕上げる事に成功していると思います。

中国的な歌をエレクトロにしただけではそれほど注目されていないと思いますが、民族音楽の要素をうまく取り入れる事で西洋の人でも食いつくような音楽になっています。ドラムンベースやシンセポップの一昔前のアレンジでも、少数民族の音楽などが絡んでくると古臭く感じません。エスニックテクノも昔からありますが、サンプリングではなく、生歌で表現出来る実力は世界的にも衝撃だと思います。

Mama Tian Na
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ