アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、muzie と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
muzie SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 muzie SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20170722]

Pan Hopsiup
(1998/07/14)
Pchełki

商品詳細を見る


ポーランドのバンドPchełkiの2014年の今のところ唯一のアルバムです。メンバーは女性ボーカル、フルートのMarta Rogalska、キーボード、プログラミングのPaweł Rychert、ベースのKrzysztof Rogalski 、パーカッションのDamian Kowalskiです。スタイルとしてはドラムンベース、ヒップホップ、ダブ、など時代のスタイルも吸収したハードフュージョンサウンドになっています。

1. Miksują Dziewki
2. Wianki
3. Uciekaj
4. Fado
5. Krystynka
6. Osty
7. Pekin
8. Wołaj

このバンド凄いところは生演奏出来る技術を持っているということころです。プログラミングされている部分もありますが、それに負けないくらいの演奏力も持っているのです。最近は演奏力があるバンドはヘヴィメタやオルタナ系が多く、フュージョンを演奏する若者が少なくなっています。しかもメロウなフュージョンではなく、エッジの勃ったハードフュージョンです。そのバリエーションでメロウな曲もありますが、かなりかっこいいフュージョンになっています。

アメリカではジャズ系は死に絶えていますが、北欧で、しかも白人の若いバンドがこうしたスタイルを選択するというのは奇跡と言えるでしょう。勿論昔のフュージョンとは訳が違います。ヒップホップもオルタナやグランジも経過してきたあらゆるスタイルを飲み込んだ上でのフュージョンの再構築に成っていますから、かなりかっこいいです。そして歌もちゃんとポップフォーマットで含まれている。私の好みから言えば完璧なバンドだと言えます。こんなバンドが世界中から山ほど出てきて欲しいと願うばかりです。次の作品も楽しみです。

Miksują Dziewki
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20170721]

Trust In Numbers
(1998/07/14)
Lake Heartbeat

商品詳細を見る


スウェーデンのデュオLake Heartbeatの2009年の作品で、現在までの唯一のフルアルバムになっています。メンバーはキーボード、プログラミングとボーカルのJ. Kaskとギターやベース等を担当しているK. Kaksの二人です。サウンドとしてはネオアコというか、ブルーアイドソウル系AORなポップソングに成っています。それをプログラミングでシンプルに再現しています。

1. Mystery
2. Pipedream
3. Southbound
4. Solid Mass
5. Build The Wall Up
6. Blue Planet
7. Golden Chain
8. Making Conversation
9. Between Dreams
10. Let It Die

アコースティックな楽器も使ってのAORサウンドで、プログラミングもされているのでフォークトロニカ的でもありますが、やっている事はかなりポップなネオアコになっています。ジャケットの雰囲気からも山下達郎を連想してしまいますが、現在では海外でも山下達郎は知られていると思いますので、少なからずも影響はあるかもしれません。

アレンジはもろ山下達郎ですが、そこまでの歌唱力は無いので、ネオアコな雰囲気になっているというのが妥当な解釈かと思います。つまり自分達で出来る事をやることによってオリジナリティを生み出すという、正統派とも言える二人です。それにしても爽やかなサウンドです。スウェディッシュポップのウィットに富んだポップ感覚も持ち合わせています。既に成熟したジャンルではありますが、かなり完成度の高い作品になっています。これ以降作品が続いていないのが気になるところです。

Mystery
⇒ 続きを読む

[20170720]

Tree House Whispers
(1998/07/14)
Anois

商品詳細を見る


2009年のアルバムです。現在唯一のフルアルバムで、最新作になります。電子音、サンプリングの割合が増え、フォークトロニカらしくなってきました。ボソッとした歌い方が日本のインディーズっぽくなっています。英語が苦手な人が歌っているような歌い方なので、フランスあたりでもこのウィスパーボイスはよくありますが、この二人はあえて雰囲気を作るためにこの歌い方になっていると思われます。

1. Small Electric Battery
2. Happy Holiday
3. Beds And Dishes
4. Homecall
5. There Must Be Some Book About It
6. Sew New World
7. November
8. A Noise
9. He Sings To Me
10. On The Top Of The Highest Mast
11. Waltz Of Wolves
12. Remote Control
13. It Is All So Curious At The End

電子音が増えていますが、アコースティックな楽器も目立つようになっています。曲調はかなりポップになっていて、作曲能力が上達しているのが分かります。ボソッとした歌とは対照的にサウンド面は輪郭がくっきりしたクリアーな音になっています。サンプリング音は特に粒立ちが尖ったようなイコライジングがなされています。これがフォークトロニカの無愛想な雰囲気作りに役立っています。

本来は親しみやすいフォーク調のポップソングになるような曲ばかりですが、この無愛想なくらい現代音楽しているサウンドの違和感。そこが新しい感覚なのですが、未だにフォークトロニカはインディーズの枠内だけで盛り上がっていて、メジャーではその手法しか取り入れられていない原因になっているようです。もろフォークトロニカで売れているアーティストはまだほとんどいないのです。いい加減フォークトロニカも古いジャンルなので、今後どのような化学反応で進化していくのか、音楽シーンは活性化されていくのか、まだその行方は見えてきません。

Happy Holiday
⇒ 続きを読む

[20170719]

Tracery On A Frosted Window
(1998/07/14)
Anois

商品詳細を見る


ドイツの男女デュオAnoisの2006年のデビューミニアルバムです。Anne BaierとLars Kranholdtの二人組でAnoisはアイルランドの言葉で、音楽もアイルランドっぽいアコースティックな素朴な音楽とエレクトリックを融合させたフォークトロニカになっています。ドイツのインディーズはかなり自由な発想のアーティストが多いようです。

1. Set The Pace
2. And You Are Okay
3. Tracery On A Frosted Window
4. Min/For
5. Throw Out The Light
6. #3
7. I'm Currently Not Plenty

生演奏している音源をサンプリングしてループさせる事によって、生演奏のアナログな感じと空気感を持ったデジタルミュージックになっています。これはフォークトロニカでは定番になっているやり方ですが、日本のインディーズでよく見かけるスタイルです。それがドイツのアーティストに影響を与えているような図式になっています。

シンセポップ、日本で言うテクノポップもドイツが発祥でありながら日本で熟成したものがドイツに逆輸入するという図式に似ています。クラフトワークを真似たYMOにクラフトワーク側がシンセの手ほどきを受けるという、師弟が逆転する図式。しかし、今や日本のフォークトロニカも世界的になっていて、たまたまこの二人にその雰囲気がシンクロしたという見方が正しいのかもしれません。本来はドイツならではの音楽が巡り巡ってドイツらしくない音楽としてドイツで生まれるという面白い現象です。

Set The Pace

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ