アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、muzie と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
muzie SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 muzie SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20170818]

Our Small Ideas
(1998/07/14)
The Boats

商品詳細を見る


2008年の作品で、自主制作でリリースされていた作品に未発表曲やリミックスなどを加えて再リリースされた内容になっています。弦楽器を中心に生演奏、サンプリングした音源で制作されています。町の騒音なども録音されており、いかにも自宅で録音したような雰囲気が伝わってきます。本来ならデモのような内容でも、ハウステクノ、フォークトロニカの分野ではそのまま使われます。

1. You Need To See Through Better Eyes
2. Information For Employers
3. Raindrops Remain (First)
4. Please Return
5. We Sometimes Forget
6. Personal Evacuation Plan
7. This Song Has Been Intentionally Left Blank
8. They Gave Me This To Keep Me Quiet
9. Procedure Details
10. A Party At Break-Neck Speed
11. At Little Time
12. Through Leaf Filtered Light (First)
13. OSI OT2 Edit
14. OSI OT1 Edit
15. Raindrops
16. Little Song At Little Time (remixed by aus)
17. The List Of Our Mistakes
18. You Didn't Expect Me To Care
19. May Our Enimies Never Find Happiness

男性ボーカルは Chris Stewartがゲスト参加しています。初期の頃は自主制作で不遇な時期でもありましたが、それだけに自由で斬新な内容になっています。インディーズレーベルでも受け入れられない事もあるので、自分達でアルバムタイトルにもなっているOur Small Ideasと言うレーベルを作ってリリースしていました。それの復刻盤と言う形になります。

ミニアルバムでSaturation, Humm & Hissと言う作品も加えられています。この時期の作品にも彼らの精神が脈打っていますので復刻されています。初期の頃は枚数が限られているので、あまり広く広まっていなかった事もあり、それが聴けるという事でファンにはたまらない内容になっています。リミックスなどを聴くと、素朴な感じがハイブリッドに仕上がるので、ファンじゃない人にも伝わるものになっています。

Information For Employers
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20170817]

Tomorrow Time
(1998/07/14)
The Boats

商品詳細を見る


2006年のアルバムです。今回は男性ボーカルの Chris Stewartが参加。女性ボーカルではElaine Reynoldsが参加しています。スタイルはこれまで通りですが、男性ボーカル、しかもあまりうまくない歌い方が加わると雰囲気もだいぶ違ってきます。いかにもインディーズな感じが強くなってきます。

1. A Sincere Fuck You
2. May Our Enemies Never Find Happiness
3. This Song Is One Colour
4. If You Leave Me, Can I Come Too?
5. I Never Had You Down As A Liar
6. You're An Idiot
7. I'm Talking Facts, Not Shit
8. The List Of Our Mistakes
9. Industrial Violence, Venus And Mars, When Planets Collide???
10. Got To Sleep (Or I'll Put You To Sleep)
11. Wasn't Changing Your Mind An Option?

サンプリング音源も作品ごとに違う素材を使っているので、雰囲気も変わってきます。ブレイクビーツやドラムンベースでは曲ごとに違う素材からサンプリングして1曲仕上げるのが定番です。その元ネタから作るという制約を課すのです。それでどれだけ表現出来るかが腕の見せ所です。そういう精神を受け継いでいるようですが、それだけにはこだわっていないようにも感じます。

普通なら埋もれてしまうようなノイズ系の音でリズムを作る手法ですが、今回はあまりダンス系のビートではないので、そこも雰囲気が違っています。歌を中心に製作されているようです。フォークトロニカの進化系とも言えます。エレクトロニクス寄りだとテクノ系のビートになりますが、アコースティック音源寄りになっていくフォークトロニカが増えてきます。そうした流れに敏感に触発されているようです。

If You Leave Me, Can I Come Too?
⇒ 続きを読む

[20170816]

We Made It For You
(1998/07/14)
The Boats

商品詳細を見る


2005年のアルバムです。家族や友人にささげられた私的な内容になっています。本来なら他の楽器によって打ち消されるようなノイズでビートを作り上げる手法、そこに今回はピアノのサンプリングループで曲を作っています。自分でピアノを弾いいた方が早いと思いますが、アンビエントなピアノの素材を集めてループに聴こえないように切り貼りしています。

1. Jumble
2. Sarah Alice
3. Mum And Dad
4. Miles, Sean And Bodie
5. Andrew And Lynsey
6. Donna, Paul And Grace
7. Nicola H
8. Annabel
9. Darren
10. Chris, Elaine And Lucy
11. Bob, Ben And Kipper
12. Bobbin
13. Jonathan And Rob
14. Nicola

わざわざサンプリングしたピアノを用いる利点は、自分の家やスタジオでは出せない空気感、響きを出せるところです。その利点を最大に活用した作品になっています。ピアノも種類によって響きが違いますので、いろんなピアノの音が出てきます。ループ素材だけではなく、生ピアノをサンプリング音源は沢山存在します。高価で手に入れにくいピアノやアップライトピアノなど、本物のピアノをマルチサンプリングしていますので、かなりリアルに再現出来ます。

しかし、マルチサンプリング素材だけだと面白みが無い、そこでフレーズサンプリング素材も交える事でテクノな雰囲気が出てきます。ビートがノイズや軽めのヒット音なのでうるさくありませんし、空気感もしっかり伝わってきます。フォークトロニカの黎明期を飾るにふさわしい作品になっています。楽器がいっぱい加わってくると消されてしまうような僅かな音にもスポットを当てた繊細な音楽です。

Sarah Alice
⇒ 続きを読む

[20170815]

Songs By The Sea
(1998/07/14)
The Boats

商品詳細を見る


The Humble BeeやHoodとしても活躍することになるCraig Tattersallと、BeppuやTape Loop Orchestraで知られるAndrew HargreavesがデュオとしてコラボレートしたThe Boatsの2004年のファーストアルバムです。ゆったりとしたエレクトロニクスで、サンプラーも多用したアブストラクトな部分もありますが、わずかなノイズもリズムの一部にするような静かな音使いになっています。

1. Lessley
2. It's Not Your Fault (It's How Air Works)
3. And There Are Stars That Fell From The Sky
4. You Run Circles Around Me
5. All Thumbs And Thumbs
6. A Volume Of Typefaces
7. Names On A Map
8. I Only Missed By One Word
9. I Ignore All My Friends
10. Kind Regards

Elaine Reynoldsと言う女性シンガーがゲストで歌っていますが、ほぼインスト作品です。アコースティック楽器のサンプリングループを使ったり、既にフォークトロニカの手法も使っています。ビートがあるのでアンビエントとは違いますが、それに近い音響でもあります。ダークなサウンドではありますが、全体的にはポップな明るさがあります。これはもうエレクトロニクスではなく、フォークトロニカの領域に入っています。

こういうジャンルは大体一人で制作するものですが、デュオでやるメリットとしてはアイデアを拡散させていく事だと思います。一人で作ったアイデアのデータを持ち帰り、相方が違う角度からのアイデアを盛り込む。そうする事で情景が豊かになってくれば成功です。アイデアが散漫になってしまったら失敗です。この二人のコラボレーションは成功していると思います。一つの情景で完結することなく、様々な情景が浮かんできます。

Lessley
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ